ラッセル『結婚論』第六章 ロマンティックな恋愛 n.8


第六章 ロマンティックな恋愛 n.8:

 ロマンチックな恋愛は,ロマン主義運動において頂点(注:apogee 月や人工衛星が地球から最も遠ざかる点)に達した。そして,おそらく,シェリー(P. B. Shelley, 1792-1822)をその主要な使徒として見てよいだろう。シェリーは,恋に落ちたとき,詩で表現するのがふさわしい,美しい情緒と想像力に富む思想で満たされた。当然のことながら,シェリーは,こういう結果を生み出す情緒はまったく善いものであると考え,そうして,恋愛を抑えつけなければならない理由はまったく見いださなかった。

けれども,シェリーの議論(論拠)は,誤った心理学に依拠していた。シェリーに詩を書くにいたらせたものは,彼の欲求に対する(いろいろな)障害であった。もしも,高貴にして不運な貴婦人エミリア・ヴィヴィアーニが女子修道院へ連れ去られなかったなら,シェリーは,『エピサイキディオン』(注:Epipsychidion : シェリーが1821年に発表した長詩)を書く必要を感じなかっただろう。(また,)もしもジェーン・ウィリアムズがかなり貞節な妻でなかったなら,決して「追憶」を書かなかったであろう。シェリーが痛烈に批判した社会的な障害は,彼の最良の仕事への刺激の不可欠な一部であった。シェリーの中に存在したロマンチックな恋愛は,因習的な障害はいまだ存在しているけれどもまったく克服できないものでもない,といった不安定な均衡状態に依存している。(つまり)もしも,障害が強固すぎたり,あるいは,存在しなかったりしたら,ロマンチックな恋愛は栄えそうもない(のである)。

一つの極端な例として,中国の制度をとりあげてみよう。この制度においては,男性は,自分の妻以外には,ちゃんとした女性に会うことはまったくない。妻がもの足りないと感じれば,彼は売春宿(注:brothel フランス語で,粗末な小屋))へ行く。妻は,彼のために選ばれ,多分,結婚式当日まで彼とは会わない。その結果,彼のすべての性関係は,ロマンチックな意味での恋愛から完全に隔離されたものになり,彼には恋愛詩を生み出すような求愛の努力をする機会をまったくもたない。

これに対して(これとは反対に),完全に自由な状態では,すばらしい恋愛詩を作る才能のある男性も,自分自身の魅力で大きな成功を収める見込みがあるので,女性の愛情を勝ち取るために(to achieve a conquest),最大限想像力を発揮する必要はめったにないであろう。このように,恋愛詩は,因習(convention)と自由との,ある一定の微妙なバランスに依存しおり,このバランスが崩れてどちらかの方向に傾いている場合には,恋愛詩が最良のかたちで存在しそうもない(のである)

Romantic love reached its apogee in the romantic movement, and one may perhaps take Shelley as its chief apostle. Shelley when he fell in love was filled with exquisite emotions and imaginative thoughts of a kind lending themselves to expression in poetry; naturally enough, he considered that the emotion that produced these results was wholly good, and he saw no reason why love should ever be restrained. His argument, however, rested upon bad psychology. lt was the obstacles to his desires that led him to write poetry. If the noble and unfortunate lady Emilia Viviani had not been carried off to a convent, he would not have found it necessary to write Epipsychidion; if Jane Williams had not been a fairly virtuous wife, he would never have written The Recollection. The social barriers against which he inveighed were an essential part of the stimulus to his best activities. Romantic love as it existed in Shelley depends upon a state of unstable equilibrium, where the conventional barriers still exist but are not quite insuperable ; if the barriers are rigid, or if they do not exist, romantic love is not likely to nourish. Take as the one extreme the Chinese system : in this system a man never meets any respectable woman except his own wife, and when he feels her insufficient, he goes to a brothel ; his wife is chosen for him and is probably unknown to him until the wedding-day ; consequently all his sex relations are entirely divorced from love in the romantic sense, and he never has occasion for those efforts of courtship which give rise to love poetry. In a state of complete freedom, on the other hand, a man capable of great love poetry is likely to have so much success through his charm that he will seldom have need of his best imaginative efforts in order to achieve a conquest. Thus love poetry depends upon a certain delicate balance between convention and freedom, and is not likely to exist in its best form where this balance is upset in either direction.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM06-090.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です