ラッセル『結婚論』第六章 ロマンティックな恋愛 n.5


第六章 ロマンティックな恋愛 n.5:『薔薇物語』

けれども,フランスとブルゴーニュ(注:Burgundy シャルル豪胆公(在位:1467-1477)没後に男系が絶え,ヴァロワ朝フランスに併合された。)では,その発達の仕方が,イタリアの場合とまったく同一ではなかった。フランス貴族の恋愛観は,『バラ物語』(the Romaunt of the Rose)に支配されていたからである。この作品は,騎士の恋愛を扱っているが,その恋が満たされないままにしておくことを主張してはいなかった。それは,それどころか(実は),教会の教えに対する反感(の一つ)であり,人生における恋愛の正当な地位に対する(地位を求める),事実上,異教の主張であった。

(以下:ホイジンガ『中世の秋』pp.95-96からの引用)

 知的および道徳的な観念を恋愛技術(ars amandi)の中に大切にしまっている(という)上流階級の存在は,歴史上かなり例外的な事実である(事実として残っている)。文明の理想が恋愛の理想とこれほどまでに融合した時代は,ほかになかった。ちょうど,スコラ哲学が,あらゆる哲学思想を唯一の中心に統合しようとする,壮大な中世精神の努力を表わしているように,宮廷恋愛の理論は,さほど高尚でない領域で,高貴な生活に付随するありとあらゆるものを包含する傾向がある。バラ物語』は,この制度を破壊はしなかった。その傾向を修正し,その内容を豊かにしただけである。

In France and Burgundy, however, the development was not quite the same as it had been in Italy, since French aristocratic ideas of love were dominated by the Romaunt of the Rose, which dealt with knightly love but did not insist upon its remaining unsatisfied. It was, in fact, a revulsion against the teaching of the Church and a virtually pagan assertion of love’s rightful place in life.
The existence of an upper class whose intellectual and moral notions are enshrined in an ars amandi remains a rather exceptional fact in history. In no other epoch did the ideal of civilization amalgamate to such a degree with that of love. Just as scholasticism represents the grand effort of the medieval spirit to unite all philosophic thought in a single centre, so the theory of courtly love, in a less elevated sphere, tends to embrace all that appertains to the noble life. The Roman de la Rose did not destroy the system; it only modified its tendencies and enriched its contents. (note: Huizinga, The Waning of the Middle Ages, pp. 95-96.)
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM06-060.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です