ラッセル『結婚論』第六章 ロマンティックな恋愛 n.4


第六章 ロマンティックな恋愛 n.4:詩的な恋愛と官能的な恋愛

中世後期における恋愛についての最良の記述の一つは,ホイジンガの著書『中世の秋』(1924年刊)に見いだされる。彼は次のように述べている)

十二世紀に,(フランス)プロヴァンスの抒情詩人(troubadours トロバドゥール)によって,満たされない欲求が詩的な恋愛像の中心に置かれたとき,文明の歴史における重要な転換がもたらされた。古代人(Antiquity)も恋の苦しみを歌いはしたが,その苦しみは,ただ,幸福の期待あるいは痛ましい挫折として考えられただけであった(幸福の期待あるいは痛ましい挫折として以外,決して抱かれることはなかった)。ビュラモス(注:愛する恋人 Thisbe がライオンに殺されたと思い自殺)とティスべ,(また)ケパロスとプロクリス(注:ケパロスの妻)の感傷をそそる点は,彼らの悲劇的な結末にある。(即ち,) すでに享受した幸福の悲痛な喪失にある。

 これに対して,宮廷詩は,欲求そのものを主要なモチーフとし,そのために,否定的な基調(negative ground-note)を帯びた恋愛の概念が創造されている。新しい詩的理想は,官能的な恋愛との関連をすっかりあきらめることなく,あらゆる倫理的願望を取り入れることができた。恋愛は,いまや,あらゆる道徳的・文化的な完璧さが花開く場所となった。恋する宮廷人は,その恋愛ゆえに,純粋かつ有徳であった。精神的要素がますます支配的になり,ついに,13世紀の末ごろに,ダンテとその仲間たちの清新体(派)(注:Dolce Stil Novo 13世紀イタリアの文学運動)は,結局,神を敬い,神を直観する状態をもたらす才能は恋愛にあり(恋愛に帰せられる)として終わる(とするようになる)。

ここで,一つの極限に達したのである。イタリアの詩は,徐々に,恋愛感情のより高踏的でない表現に立ち返らなければならなかった。ペトラルカは,精神化(霊化)された恋愛と,古代のモデルのもっと自然な魅力との間で揺れ動いている(注:is divided between どちらを選ぶべきかで迷っている)。間もなく,宮廷恋愛の不自然な方式は捨てられる。そして,その微妙な区別は復活することはないだろう。そしてそのときには,すでに宮廷的な恋愛観に潜んでいたルネッサンスのプラトン主義が,精神的な傾向を持った恋愛詩の新しい形式を生み出す(のである)。

One of the best accounts known to me of love in the later Middle Ages is to be found in Huizinga’s book on The Waning of the Middle Ages (1924).

When in the twelfth century [he says] unsatisfied desire was placed by the troubadours of Provence in the centre of the poetic conception of love, an important turn in the history of civilization was effected. Antiquity, too, had sung the sufferings of love, but it had never conceived them save as the expectation of happiness or as its pitiful frustration. The sentimental point of Pyramus and Thisbe, of Cephalus and Procris, lies in their tragic end; in the heartrending loss of a happiness already enjoyed. Courtly poetry, on the other hand, makes desire itself the essential motif, and so creates a conception of love with a negative ground-note. Without giving up all connection with sensual love, the new poetic ideal was capable of embracing all kinds of ethical aspirations. Love now became the field where all moral and cultural perfection flowered. Because of his love, the courtly lover is pure and virtuous. The spiritual element dominates more and more, till towards the end of the thirteenth century, the dolce stil nuovo of Dante and his friends ends by attributing to love the gift of bringing about a state of piety and holy intuition. Here an extreme had been reached. Italian poetry was gradually to find its way back to a less exalted expression of erotic sentiment. Petrarch is divided between the ideal of spiritualized love and the more natural charm of antique models. Soon the artificial system of courtly love is abandoned, and its subtle distinctions will not be revived, when the Platonism of the Renaissance, latent, already, in the courtly conception, gives rise to new forms of erotic poetry with a spiritual tendency.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM06-050.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です