量子力学を高校で習っているが,日常生活では「量子力学を信じていない」


 この時点で,あなたは怒りだすであろう。(そうして)あなたは,次のように言いたくなるであろう。

いったい(my dear sir),あなたはどうしてそんな馬鹿げたことを言えるのか? 間違いなく,(そういう)あなたでさえ,思考や楽しみや苦痛(などの精神的なもの)は,ビリヤードの玉のように突きまわすことはできないけれども,一方,物質はできることは,知っているはずだ(注:you must know/用例:You must know that your letter makes me always happy. 貴方の手紙は私をいつも幸せにしてくれることを知っているはずだ)。物質は空間の一部を占める。物質は突き通せずに固い(ソフトでなければの話であるが・・・)。思考(という精神的なもの)はそうではない。あなたの思考で,ビリヤードを楽しむことはできない(思考によってビリヤードの玉を突くことはできない)。あなたが思考を捨て去る過程(プロセス)は,警察官によってあなたが立ち退かせられる過程(プロセス)とは全く異なっている。もちろん,あなたは哲学者として,(疑いもなくあなたはそうであろう/そうであり続けるであろうが)『あらゆる人間的情熱を超越している)』 しかし,残りの人たちは,喜びや苦しみを経験し,杖や石(sticks and stone)はそれらを経験しない。これらのことを全て考え合わせると,あなたはどうして精神と物質との差異を神秘化するほど馬鹿なのかわからない(注:その差異は単純で明らかではないか)

 これに対する私の答えは,あなた(が自分は知っていると思っている)よりもはるかに少ししか物質について(物質とは何か)私は知らない(理解していない)ということにある(という答えの中にある)。私が物質について知っていることの全ては,物質の時-空における分布(状態)についての純粋に論理的属性について,一定の抽象的な前提から推論できることである。一見したところ,これらは(物質の)他の属性については何も語っていない。その上,精神(心)の場合と同じく,物質の場合についても,実体の概念を認めない同一の理由がある。
我々は,デカルトの精神(注:デカルトが論じたところの精神)を出来事の系列(集合)に還元した。そうして,同じことをデカルトの肉体(注:肉体=物質/デカルトが論じたところの肉体=物質)の場合にもしなければならない。物質の一片は,いくつかの物理法則(注:certain of the laws of physics/ certain は of 複数(代)名詞を伴って,「・・・のうちのいくらか」/用例: Certain of of the candidates showed promise. 候補者の幾人かは見込みがあった。) によって結びつけられた出来事の系列(集合)である。これらの出来事を結びつける法則は,近似的かつ巨視的なものにすぎない厳密な量子物理学においては,旧式の物理学において物理的粒子が保持している自己同一性は失われている。私が,「これは昨日のと同じ椅子だ」といいたいと仮定してみよう。(この時)あなたは私が意味しようとしていることを正確に教えることを私に期待してはならない。なぜなら,それを正しく述べるためには何冊もの本を要するからである。
私が言おうとしていることを大ざっばに言うと次の通りである。古典物理学は,-現在は放棄された体系であるが- (時間の流れを越えて)永続する粒子の仮定と連携していた。この概念が生き残っている限り,私が「これは同じ椅子である」という時,それは「これは同じ粒子から構成されている」ということを意味すると,主張できた。量子物理学が出現する前に,粒子は既に時代遅れ(の概念)であった粒子には実体概念が含まれているからである。しかし,やはり粒子を慣性の法則(the law of inertia)や他の類似の原理で互に結びつけられた,ある一定の物的な出来事の系列として定義することができた。ラザフォード=ボーアの原子の時代でさえ,この見方はそれでもなお維持できた。ラザフォードー=ボーアの原子(モデル)は,一定の数の電子と陽子からできていた。電子は蚤(のみ)のように行動した。(即ち)しばらくの間はいまわり,その後,ホップした(跳び上った)。しかし,電子は,跳躍した後にも以前這いまわっていたときと同一のものとして認識できるものであった。
 今や悲しいかな,原子は原子崩壊をこうむるものとなった我々原子について知っている全てのことは,最も楽観主義的な仮説に基づいたとしても,原子は種々の突然の遷移をする(一つの)エネルギーの分布(状態)であるということである。証拠を得ることができるのは原子の遷移のみである。なぜなら,エネルギーを放射するのは遷移においてのみであり,我々の感覚(器官)が影響を受けるのはエネルギーが放射される時のみであり,また,我々が起こったものについての証拠を得るのは,感覚(器官)が影響を受けるときのみであるからである。
ボーア若かった頃の幸福な時代においては,平穏な状態にある原子の中で起こっていること(起こっていたこと)を我々は知っているものと思われていた。(即ち)惑星が太陽のまわりを回るように原子核のまわりをぐるぐる回っている電子が存在した(と考えられていた)。原子が平穏な状態(注:遷移していない状態)にある時の動きについて,我々は今や完全,絶対的で永遠になくすことのできない無知を告白しなければならない。革命以外に報告する値打ちのあるものは何もないと思っている新聞報道陣がそこに住んでいるようなもので,革命がない時に起ることは,神秘に包まれたままである。
この基礎に立つと,異なった時間における同一性は完全に消失する。あなたが「これは昨日見たのと同じ椅子である」という時に物理学で何を意味しているかを説明しようと思えば,古典物理学に戻らねばならない。あなたは,次のように言わなければならない。(即ち)温度があまり高くなく,化学的条件が同じであるならば,旧式の古典物理学によって得られた結果は,多かれ少なかれ正しい,と言わなければならない。そうして,私が「これは同じ椅子だ」という時に意味するのは,旧式の物理学なら同じ椅子であると言うだろう,という意味である。しかし,私は,これは便利かつ不正確な言い方にすぎず,事実,椅子の最小の断片(原子)は全て,十万分の一秒(経過しただけで)で,その同一性を失うことに気がついている。それが同じ椅子だというのは,英国人はエリザべス一世の時代と同一の国民であるとか,あるいは,たとえ,エリザべス女王の死後何百万世代も経ったとしても(if = even if),英国民は同一の国民であると言うのと(言うことと)同じである

At this point I fear you will be becoming indignant. You will be inclined to say:
“But, my dear Sir, how can you be so dense? Surely even you must know that thoughts and pleasures and pains cannot be pushed about like billiard balls, whereas matter can. Matter occupies space. It is impenetrable; it is hard (unless it is soft); thoughts are not like this. You cannot play billiards with your thoughts. When you banish a thought, the process is quite different from that of being ejected by the police. You, of course, as a philosopher” (so, no doubt, you will continue) “are superior to all human passions. But the rest of us experience pleasures and pains, and sticks and stones do not. In view of all this I cannot understand how you can be so stupid as to make a mystery of the difference between mind and matter.”
出典:Bertrand Russell : Mind and Matter (1950?)
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/19501110_Mind-Matter110.HTM

My answer to this consists in saying that I know very much less than you do about matter. All that I know about matter is what I can infer by means of certain abstract postulates about the purely logical attributes of its space-time distribution, Prima facie, these tell me nothing whatever about its other characteristics. Moreover there are the same reasons for not admitting the concept of substance in the case of matter, as there are in the case of mind. We reduced Descartes’ mind to a series of occurrences, and we must do the same for his body. A piece of matter is a series of occurrences bound together by means of certain of the laws of physics. The laws that bind these occurrences together are only approximate and macroscopic. In proper quantum physics, the identity which physical particles preserve in old-fashioned physics disappears. Suppose I want to say: “This is the same chair as it was yesterday.” You cannot expect me to tell you accurately what I mean, because it would take volumes to state this correctly. What I mean may be put roughly as follows: classical physics–a system now abandoned–worked with the assumption of particles that persist through time. While this conception lasted, I could maintain that when I said “This is the same chair” I meant “this is composed of the same particles.” Before the coming of quantum physics, particles were already out of date, because they involved the concept of substance. But that did not matter so much because it was still possible to define a particle as a certain series of physical occurrences, connected with one another by the law of inertia and other similar principles. Even in the days of the Rutherford-Bohr atom, this point of view could still be maintained. The Rutherford-Bohr atom consisted of a certain number of electrons and protons. The electrons behaved like fleas. They crawled for a while, and then hopped. But an electron was still recognizable after the hops as being the same one that had previously crawled. Now, alas, the atom has suffered atomic disintegration. All that we know about it, even on the most optimistic hypothesis, is that it is a distribution of energy which undergoes various sudden transitions. It is only the transitions of which it is possible to have evidence, for it is only in a transition that energy is radiated, it is only when energy is radiated that our senses are affected, and it is only when our senses are affected that we have evidence as to what has occurred. In the happy days when Bohr was young, we were supposed to know what was going on in the atom in quiet times: there were electrons going round and round the nucleus as planets go round the sun. Now we have to confess to a complete and absolute and eternally ineradicable ignorance as to what the atom does in quiet times. It is as if it were inhabited by newspaper reporters who think nothing worth mentioning except revolutions, so that what happens when no revolution is going on remains wrapped in mystery. On this basis, sameness at different times has completely disappeared. If you want to explain what you mean in physics when you say “This is the same chair as it was yesterday,” you must go back to classical physics. You must say: when temperatures are not too high, and chemical circumstances are ordinary, the results obtained by old-fashioned classical physics are more or less right. And when I say that “this is the same chair”, I shall mean that old-fashioned physics would say it was the same chair. But I am well aware that this is no more than a convenient and inaccurate way of speaking, and that, in fact, every smallest piece of the chair loses its identity in about one hundred thousandth part of a second. To say that it is the same chair is like saying that the English are the same nation as they were in the time of Queen Elizabeth I, or rather, like what this would be, if many millions of generations had passed since the death of Good Queen Bess.
出典:Bertrand Russell : Mind and Matter (1950?)
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/19501110_Mind-Matter120.HTM

<寸言>
量子力学を理解していれば、従来の「実体」の概念を否定するはずなのに、量子力学を否定しないのに、我々は、日常生活においては「実体」の概念を信じているように振る舞っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です