「公には」男女同権だが・・・


 男性の(女性に対する)優越性の信念は,今では公的には西洋諸国で死に絶えている(消滅してい)るが,それは高慢(うぬぼれ)という罪の,好奇心をそそる(興味深い)一例である。男性がより優れた筋肉をもつこと以外には,男性が生まれつきに何らかの優越性をもっていると信じる理由はまったくない,と私は考える。
私はかつて多数の血統証付き(系図付き)の牡牛を飼っているところへいった時のことを記憶しているが,その牡牛を有名にしたのは,その牝(めす)の系統(注:母方)の祖先がいちじるしい授乳能力(milk-giving qualities 乳を与える優秀さ)をもつことであった。もしも牡牛たちが(自ら)系図をつくっていたとすれば,それは非常に違ったものになっていたことであろう。牝(めす)の祖先についてはおとなしくて有徳であったということ以外にはなにも書かれず,しかるに,牡(おす)の祖先たちは戦闘能力に優れていたと讃えられるであろう。
牛の場合には,我々は両性の相対的長所について,公平な見方ができるが,我々自身の種(人間)については,それがずっと困難だということがわかる。
昔は,男性の優越性は簡単に証明された。なぜなら,もし女性が自分の夫の優越性を疑ったならば,夫は妻をなぐることができたからである。このような点における優越性から,他の点における優越性もまた当然でてくると考えられた。男は女より理性的であり,より発明の才をもち,感情に動かされることがより少ない,などということになる。解剖学者たちは,女性が選挙権を獲得するまで,男性の知的能力は女性の知的能力に勝ることを示そうとして,大脳の研究から種々の巧妙な議論を展開していた。それらの議論は次々に誤りであることが証明されていったが,いつも同種の(男の方がすぐれているという)結論がひきだされる新らしい論拠が出されるのであった。たとえば男の胎児(fetus)は,生後6週間に魂を獲得するが,女性胎児は3ケ月後に(ようやく)魂を獲得する,と考えられたものである。この意見もまた,女性が投票権を得てからは,捨て去られてしまった。(中世の哲学者)トマス・アクィナスは,まったく明白なことのように,男は女よりも理性的である,と挿入句の中で述べている。私自身は,その証拠をまったく見つけられない。ある少数の個人は,ある種の若干の方向に合理性のかすかなひらめきをもっているが,私が観察する限り,そのようなひらめきは女性よりも男性の方により広範にみられることはまったくない。

The belief in the superiority of the male sex, which has now officially died out in Western nations, is a curious example of the sin of pride. There was, I think, never any reason to believe in any innate superiority of the male, except his superior muscle. I remember once going to a place where they kept a number of pedigree bulls, and what made a bull illustrious was the milk-giving qualities of his female ancestors. But if bulls had drawn up the pedigrees they would have been very different. Nothing would have been said about the female ancestors, except that they were docile and virtuous, whereas the male ancestors would have been celebrated for their supremacy in battle. In the case of cattle we can take a disinterested view of the relative merits of the sexes, but in the case of our own species we find this more difficult. Male superiority in former days was easily demonstrated, because if a woman questioned her husband’s he could beat her. From superiority in this respect others were thought to follow. Men were more reasonable than women, more inventive, less swayed by their emotions, and so on. Anatomists, until the women had the vote, developed a number of ingenious arguments from the study of the brain to show that men’s intellectual capacities must be greater than women’s. Each of these arguments in turn was proved to be fallacious, but it always gave place to another from which the same conclusion would follow. It used to be held that the male fetus acquires a soul after six weeks, but the female only after three months. This opinion also has been abandoned since women have had the vote. Thomas Aquinas states parenthetically, as something entirely obvious, that men are more rational than women. For my part, I see no evidence of this. Some few individuals have some slight glimmerings of rationality in some directions, but so far as my observations go, such glimmerings are no commoner among men than among women.
出典:Bertrand Russell: Ideas That Have Harmed Mankind,1946.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/0861HARM-130.HTM

<寸言>
先進国においては,「公には」男女同権だと誰もが認めているが,「公以外の場面では,それと気づかれないように男女の差がつけられ,男の自尊心に対し「おもいやり」が施されている安倍総理だって,安倍総理が好きな女性も,同様に、公では「女性活躍・・・」とか言って(「男性活躍」なんて言葉は絶対に使われない)、女性を大事にしているように見えて、その実、・・・。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です