「後悔」というのは社会的な現象-知られることがなければ・・・


Dog chewing up toilet paper in kitchen. CREDIT: Robert Daly/Getty Images

私が昔読んだ小説で,それぞれ以前に大きな罪を犯した男女が互いに相手の過去を知らないまま結婚し,そのうちに,自分が結婚した相手がどういった人物であるか知って,両者とも心からの苦痛を感ずるに至る,というのがあった。★後悔★(自責の念)というのは社会的な現象であり,我々が行った何らかのことが原因で,もはや他の人々に自分のことを好意的に見てもらえなくなった時に,この感情は生ずる。

I read a novel once in which a man and woman, who had both committed serious crimes, married each other in ignorance of each other’s past and were both genuinely pained when they discovered the sort of person they had married. I think remorse is essentially a social phenomenon which occurs when we realise (realize) that, owing to something we have done, we cannot make other people take the favourable view of ourselves that we should wish them to entertain.
出典:Bertrand Russell: On Feeling Ashamed, Nov. 23, 1932. In: Mortals and Others, v.1 (1975)
詳細情報:http://russell-j.com/ASHAMED.HTM

<寸言>
昔の歌に「(私の過去を)知りすぎたのね・・・あまりにもあなたは,知りすぎたのね・・・」というのがあったが・・・。
https://www.youtube.com/watch?v=hofOncySsrw
https://youtu.be/hofOncySsrw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です