楽観,悲観;希望,絶望 - 人類の行く手は奈落の底か,共存共栄の道か?


rockclim 希望叫ぶ
「もう一ふんばりだ。多分これが必要な最後の努力となるだろう。」
皮肉言い返す
「愚か者! お前はずっと希望のいうことを聞いてきたんじゃないのか。その結果,どこにつれてこられたというのか。」

楽観は言う。
「生命のある間は希望はある。」
悲観は怒って言う。
「生命のある限り苦痛がある。」

疲労しきったこの登山家ははたしてもう一歩の努力をするのか,それとも,奈落の底に落ちるに身をまかせてしまうのか。その答えは,数年して,その時生き残るっている者が知るであろう。

Hope calls: ‘one more effort – perhaps it will be the last effort needed.’ Irony retorts: ‘Silly fellow! Haven’t you been listening to hope all this time, and see where it has landed you.’ Optimism says: ‘While there is life, there is hope.’ Pessimism growls: ‘While there is life, there is pain.’ Does the exhausted climber make one more effort, or does he let himself sink into the abyss ? In a few years, those of us who are still alive will know the answer.’
出典: The Autobiography of Bertrand Russell, v.3 chap. 1: Return to England, 1969]
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/AB31-310.HTM

<寸言>
世の中が自分の望まない方向に向かっている時や、努力がなかなか成果に結びつかない時に感ずるあせり。<br>
登山家は,いくら苦しくても目標がかならず存在するという確信を抱いていられるが、目標そのものが実は存在しないものであるかも知れない(あるいは目標設定が不適切だったかも知れない)という不安にかられると、迷いや苦しみはいっそう増していく。<br>

<a href=”https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01N7MJM8S/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B01N7MJM8S&linkCode=as2&tag=russellj-22″>松下彰良(編著)『ラッセルの言葉-ユーモア,ウィット,皮肉,毒舌』</a><img src=”http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=russellj-22&l=as2&o=9&a=B01N7MJM8S” width=”1″ height=”1″ border=”0″ alt=”” style=”border:none !important; margin:0px !important;” />

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です