奴隷道徳ではなく,自分が善しとする倫理観のもとに働くこと


andromed 私たちはみな,不当に興奮したり,不当に緊張したり,自分たちの住んでいる世界の片隅や,生と死の間のほんの一瞬の時間重要性を不当に買いかぶる傾向がある。こうした興奮や私たち自身の重要性の過大評価には,望ましいものは何もない。実際,それは,私たちをもっと’懸命に’働かせるかもしれないが,もっと’良く’働かせはしないだろう。

death-from-over_work_tokyoWe are all inclined to get unduly excited, unduly strained, unduly impressed with the importance of the little corner of the world in which we live, and of the little moment of time comprised between our birth and death. In this excitement and over-estimation of our own importance there is nothing desirable. True, it may make us work harder, but it will not make us work better.
出典:The Conquest of Happiness, 1930, chap. 15:Impersonal interests
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/HA26-030.HTM

<寸言>
自分が心から望むものを追い続ける人は,そうでないものに,不当に興奮したり,不当に重要性を強調したりすることはないであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です