(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

>

The Conquest of Happiness (HA26-030)(松下彰良・訳)

Back Next  Part II(Causes of Happiness), Chap. 15(Impersonal Interests)   Contents (総目次)
 第15章 非個人的な興味(私心のない興味)(承前)

 それから,また,'バランス感覚'は,非常に貴重であり,時折大きな'慰め'ともなる。私たちはみな,不当に興奮したり,不当に緊張したり,自分たちの住んでいる世界の片隅や,生と死の間のほんの一瞬の時間の重要性を不当に買いかぶる傾向がある。こうした興奮や私たち自身の重要性の過大評価には,望ましいものは何もない。実際,それは,私たちをもっと懸命に働かせるかもしれないが,もっと'良く'働かせはしないだろう。良い(善い)目的に方向付けられた少しの仕事のほうが,悪い目的に方向付けられた大量の仕事よりも,より良い)(善い)。ただし,'精力的な人生を信奉する人(使徒)たち'は,そのようには考えないであろうが。自分の仕事のことを大変気にする人は,常に'狂信'に陥る危険がある。'狂信'の本質は,望ましいことを1つか2つ覚えていて,それ以外のことは全て忘れてしまい,この1つか2つのことを追求するにあたっては,他の種類のいかなる付随的に起こる害も大したことではない,と考えることにある。こうした'狂信的な気質'に対する'予防薬'としては,宇宙における'人間の一生'と'人間の位置'とを大づかみに認識することに勝るものはない。そのような(人間と宇宙との)関連を引き合いに出すことは,'大げさ'だと思われるかもしれない。しかし,こうした効用のほかに,バランス感覚には,それ自体大きな価値がある。
 現代の高等教育の欠点の一つは,ある種の技術・技能を獲得するための訓練があまりにも多すぎ,'世界の偏見のない概観(調査)'によって'知性'と'心'を広げることがあまりにも少なすぎた,という点である。たとえば,あなたは'政治闘争'に没頭し,あなたの政党の勝利のために一生懸命に働くとしよう。そこまでは,それでよいだろう。しかし,闘争の過程で,世界中に憎悪や暴力や疑惑を増大させる見込みのある(予想される)方法の使用を(必然的に)伴う何らかの'勝利の機会'の出現が,偶然生じるかもしれない。たとえば,勝利を得るには,ある他国民を'侮辱'するのが最良の道であるとあなたは発見するかもしれない。もしも,あなたの'精神の視界'が現在に限られており,あるいは,もしもあなたが,重要なのはいわゆる能率のみであるという教義を受容しているのであれば,あなたは,そういう'疑わしい手段'を採用するだろう。そうした手段によって,あなたは,'当面の目的'においては勝利を収めるだろうが,一方もっと遠い将来の結果は,破滅的なものであるかもしれない。これに反して,もしもあなたが,あなたの中に内在する'識見'の一部として,人間の過去の時代や,人間が徐々に野蛮さから部分的に抜け出してきたことや,'天文学上の時間'と比べれば人間の全生涯はいかに短いものであるかを知っていれば,つまり,もしも,そういう思想があなたの習性となった感情を形成しているならば,あなたが携わっている瞬間的な戦いなどは,私たち人類がゆっくりと抜け出してきた'暗黒'に向かって'逆戻りの一歩'を踏む危険を冒すに足りるほど重要なものではない,ということを悟るだろう。いや,それどころか,もし当面の目的において敗北したとしても,あなたは,あなたの品位を落とす武器をとるのをしぶらせた'はかなさ(刹那)'の意識と同じ意識(当面の目的などはかないものであるという意識)に支えられるであろう。あなたは,当面の活動を超えて,遠い,次第に明らかになっていく目的を持つことだろう。その目的においては,あなたは,'孤立した個人'ではなく,人類を文明化された存在へと導いた人びとからなる偉大な軍勢の一員なのである。もしもあなたが,こういう物の見方に到達したならば,あなたの個人的な運命がどうであろうと,ある種の深い幸福があなたから離れることは決してないだろう。人生は,あらゆる時代の膨大な人びととの霊的交渉となり,個人の死など,もはや,ささいな事件にすぎなくなるだろう。
Then again a sense of proportion is very valuable and at times very consoling. We are all inclined to get unduly excited, unduly strained, unduly impressed with the importance of the little corner of the world in which we live, and of the little moment of time comprised between our birth and death. In this excitement and over-estimation of our own importance there is nothing desirable. True, it may make us work harder, but it will not make us work better. A little work directed to a good end is better than a great deal of work directed to a bad end, though the apostles of the strenuous life seem to think otherwise. Those who care much for their work are always in danger of falling into fanaticism, which consists essentially in remembering one or two desirable things while forgetting all the rest, and in supposing that in the pursuit of these one or two any incidental harm of other sorts is of little account. Against this fanatical temper there is no better prophylactic than a large conception of the life of man and his place in the universe. This may seem a very big thing to invoke in such a connection; but apart from this particular use it is in itself a thing of great value.
It is one of the defects of modern higher education that it has become too much a training in the acquisition of certain kinds of skill, and too little an enlargement of the mind and heart by any impartial survey of the world. You become absorbed, let us say, in a political contest, and work hard for the victory of your own party. So far, so good. But it may happen in the course of the contest that some opportunity of victory presents itself which involves the use of methods calculated to increase hatred, violence and suspicion in the world. For example, you may find that the best road to victory is to insult some foreign nation. If your mental purview is limited to the present, or if you have imbibed the doctrine that what is called efficiency is the only thing that matters, you will adopt such dubious means. Through them you will be victorious in your immediate purpose, while the more distant consequences may be disastrous. If, on the other hand, you have as part of the habitual furniture of your mind the past ages of man, his slow and partial emergence out of barbarism, and the brevity of his total existence in comparison with astronomical epochs - if, I say, such thoughts have molded your habitual feelings, you will realise that the momentary battle upon which you are engaged cannot be of such importance as to risk a backward step towards the darkness out of which we have been slowly emerging. Nay, more, if you suffer defeat in your immediate objective, you will be sustained by the same sense of its momentariness that made you unwilling to adopt degrading weapons. You will have, beyond your immediate activities, purposes that are distant and slowly unfolding, in which you are not an isolated individual but one of the great army of those who have led mankind towards a civilised existence. If you have attained to this outlook, a certain deep happiness will never leave you, whatever your personal fate may be. Life will become a communion with the great of all ages, and personal death no more than a negligible incident.

(掲載日:2006.07.19/更新日:2010.5.10)