恐怖心の克服 -不合理な恐怖心はできるだけ取り除いていくべき


fear_of_the_dark さらにもう一つ要点がある。私の息子の場合,また,おそらくは他の子供の場合も,恐怖心を克服したという経験はとても嬉しいものである。男の子のプライドをかきたてることは易しい。彼は勇気を示して褒められると,その日はずっと輝くばかりに幸福である。もっと後の段階で,臆病な少年が,他の少年たちに馬鹿にされて苦悩しても,その時にはもう,新しい習慣を身につけることはずっと困難である。それゆえ,恐怖に関しては,幼児期に自制心を養わせ,身体的な冒険を教えこむことは,非常に重要であり,多少思いきった方法を使ってもよいのではないか,と私は考えている。

There is a further point. In the case of my own boy, and presumably in other cases too, the experience of overcoming fear is extraordinarily delightful. It is easy to rouse the boy’s pride: when he has won praise for courage, he is radiantly happy for the rest of the day. At a later stage, a timid boy suffers agonies through the contempt of other boys, and it is much more difficult then for him to acquire new habits. I think, therefore, that the early acquisition of self-control in the matter of fear, and the early teaching of physical enterprise, are of sufficient importance to warrant somewhat drastic methods.
* radiant (adj.):光(熱)を放つ;晴れやかな
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, Pt. 2:Education of character, chap. 4: Fear.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE04-070.HTM

[寸言]
DOKUSH20 女の子の場合も同様でしょう。
しかし、世の中の男性は、女性を保護したい(自分が優位に立ちたい)ということで、臆病な女性が好きな男性が多いようですが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です