ミルの価値論に同意


 ミルの価値(論)については,私も全く同意している。私は,価値が関係している限り,(注:国家や社会に対して)個人の重要性を強調することにおいて彼はまったく正しいと思う。さらに,彼が支持しているような物の見方を守ることは,彼の時代以上に我々の時代においては,望ましくさえあると考える。しかし,我々の時代(現代)において自由を欲する人は,19世紀とは異なった闘いをしなければならないし,自由が滅びてはならないならば新しい便法(手段)を考案しなければならない。
 17世紀から19世紀の末まで,「自由」は急進主義者や革命家の合言葉だったが,現代ではこの言葉は反動主義者(保守反動家)に奪い取られており,自らを最も進歩的と考えている者たちはこの自由という言葉を軽蔑する傾向がある。自由という言葉には「腐敗したブルジョアの観念論」の一部というレッテルが貼られており,優雅な閑暇をすでに楽しんでいる裕福な人たちにとってのみ重要な,中産階級の一時的な気まぐれとみなされている。 誰か一人の人間がこの変化に責任があるとすれば,その責任はマルクスが負わなければならない。彼はプロシヤ的統制革命的行動の手段及び目的としての自由に置き代えたのである。しかし,もしも社会組織および技術における大きな変化がなかったとしたならば、マルクスがなし得たような成功を彼(マルクス)が得ることはなかったであろう。それらの大きな変化が初期の改革者たちの思想に対立したマルクスの思想を助長したのである。

With Mill’s values, I for my part find myself in complete agreement. I think he is entirely right in emphasizing the importance of the individual in so far as values are concerned. I think, moreover, that it is even more desirable in our day than it was in his to uphold the kind of outlook for which he stands. But those who care for liberty in our day have to fight different battles from those of the nineteenth century, and have to devise new expedients if liberty is not to perish. From the seventeenth century to the end of the nineteenth, “Liberty” was the watchword of the radicals and revolutionaries; but in our day the word has been usurped by reactionaries, and those who think themselves most progressive are inclined to despise it. It is labeled as part of ”rotten bourgeois idealism” and is regarded as a middle-class fad, important only to those who already enjoy the elegant leisure of the well-to-do. So far as any one person is responsible for this change, the blame must fall on Marx, who substituted Prussian discipline for freedom as both the means and the end of revolutionary action. But Marx would not have had the success which he has had if there had not been large changes in social organization and in technique which furthered his ideals as opposed to those of earlier reformers.
出典: John Stuart Mill,1955.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/1097_JSM-130.HTM

<寸言>
人間の「自由」(の擁護)は大事であり、政治において最も重視すべき事柄の一つであろう。しかし、その「自由」が一部の支配階級や富裕者しか享受できないものであったとしたら、その価値は半減いや、色褪せる。Freedom for All でなければならないが、それも掛け声だけではうさんくさいものとなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です