啓発された利己心 対 偽装された理想主義


(これまでの)議論を要約する時がきました。政治は個人よりもむしろ集団に関心を持っており,それゆえ,政治において重要な情熱は所与の集団の多様なメンバー(成員)がひとしく感ずることのできる情熱です。政治の建造物(体系)を(その上に)築かれなければならない(築かざるをえない)広汎な本能的メカニズムは,集団内の協力及び他の集団に対する敵意です。集団内部での協力(協調)は決して完全なものではありません。順応しない(集団に従わない)メンバー(成員)がおり,彼らは,語源的な意味で「群れから抜きん出ている(“egregious”)」,即ち,集団の外側にいる者です。これらのメンバー(成員)は,(集団の)普通の水準から落下するかあるいは水準を超えた人々です。彼らは,白痴,犯罪者,予言者,あるいは発見家です。賢明な集団は(集団が賢明であれば),平均以上の人々の奇矯さを寛大に見たり,平均より下に落ちた人々をできるだけ残酷さを伴わずに取り扱ったりすることを学ぶでしょう。
他の集団との関係については,近代技術は利己心(self-interest)と本能との間に葛藤を生じさせました。昔は,二つの種族が戦争を始めると,そのうちの一つが他を絶滅させ,その領土を併合しました。勝者の観点からは,全ての行動(operations)が徹底的に満足なものでした。殺人はまったく高くつくものではなく,興奮は心地よいものでした。そのような状況にあって,戦争が起こり続ける(終わらない)ことは,何も驚くにはあたりませんでした。不幸なことに,我々は未だにそのような原始的な戦いにふさわしい感情を持っていますが,他方では,実際の戦争行動は完全に変わってしまいました。近代戦においては,敵を殺すことはとても高くつく行動です。もし,この前の大戦(第二次世界大戦)でドイツ人が何名殺されたかを考え,そうして,勝者たち(連合国側)がどれほど所得税を払っているかを考えれば,(あなたは)長い割算の結果(合計)によって,ドイツ人死者一人当たりの費用(コスト)(ドイツ人一人を殺すのに要した費用)を知ることができ,それが相当な金額であることを発見することでしょう。なるほど東側(諸国)においては,ドイツ人の敵(敵国)は敗北した国民を追い出して彼らの領地を占領するという昔ながらの利益を確保しました。しかし西側(諸国)の勝者たち(戦勝国)はまったくそのような利益は確保できませんでした。明らかに,近代戦は財政的な見地からすれば,割のよい事業ではありません。私たち(西側諸国)は二つの世界大戦に勝利しましたが,その両大戦が起きていなかったら現在はもっと裕福になっていた(いる)ことでしょう。

もし人間が利己心によって動かされるとするならば -少数の聖者を除いて(実際は)そうではないですが- 全人類は協力(協調)することでしょう。(注:人間が,他人を害するよりも「利己心」を重視すれば,つまり,結果として,お互いの「利己心」を尊重しすることになれば,お互い協力しあうことになるであろう,という意味合い。ラッセル『ヒューマン・ソサエティ』に収録された勝部訳のように,’self-interest’ を「利己主義」と訳すとピンとこなくなる。) そうであれば(みな利己心に忠実なら),戦争も,軍隊も,海軍も,原子爆弾もなくなるでしょう。国民Bに対抗する(敵愾心を持つ)国民Aの心を,また,逆に,国民Aに対抗する(対抗心を持つ)国民Bの心を害するために雇用されている多数の宣伝家の人々もなくなるでしょう。それがどれだけ優れているとしても,外国の書籍や思想の(自国への)流入を防ぐために国境(frontiers)に配置されている多数の官僚たちもなくなるでしょう。一つの大企業のほうが(中小企業より)もっと経済的であるところ(現状)で,多くの小企業の存在を保証するべく,関税障壁もなくなるでしょう。もし人々が自分自身の幸福を,隣人の不幸を望んだのと同じ熱心さで望んだとするならば(注:皮肉ですよ),こういうすべてのことがすみやかに起こるでしょう。しかし,皆さんは,そんなユートピア主義者の夢がどんな役に立つのかと言われるでしょう。道徳家たちは我々が完全に利己的ににならないように取り計らうことでしょう。そうして(しかし),我々が利己的にならない限り,至福千年(の到来)は不可能でしょう(until we do the millenium will be impossible)。

私は,冷笑的な調子でこの講演を終わるように思われたくありません。私は利己的であることより立派なものがあることや,そういう立派なことを達成する人たちのいることを否定しません。けれども,私は,一方においては,政治が関係するような大きな集団が利己心を超越することができるような機会は殆どないと,他方において,もし利己心(利己的であること)が啓発された利己心と解釈される場合には,各国民が利己的であることを下回るような状況が非常に多いと,断言(主張)しま
 そうして,人々が理想主義的な動機から行動していると自分では確信している場合の大部分において,人々は利己心を下回るのです。理想主義として通っているものの多くは,偽装された憎悪か,あるいは偽装された権力欲(権力欲の偽装)です。人間の大集団が一見気高い(高邁な)動機によってゆり動かされるのを見る時,その動機の下にあるものを見て,そういった動機をこのように効果的なものにしているのは何んだろうと自問したほうがよいでしょう。私が試みてきたような心理学的探究が実行に値するのは,一部分は,見かけだおしの気高さ(高邁さ)に騙されることがきわめて容易だからです。結論として私が言いたいのは,もし私の言ったことが正しければ,世界を幸福にするために必要とされる主要なものは知性であるということです。そして,これは,結局,楽観主義的な結論です,なぜなら,知性は既知の教育方法で育成できるものだからです。(終)

The time has come to sum up our discussion. Politics is concerned with herds rather than with individuals, and the passions which are important in politics are, therefore, those in which the various members of a given herd can feel alike. The broad instinctive mechanism upon which political edifices have to be built is one of cooperation within the herd and hostility towards other herds. The co-operation within the herd is never perfect. There are members who do not conform, who are, in the etymological sense, “egregious”, that is to say, outside the flock. These members are those who have fallen below, or risen above, the ordinary level. They are: idiots, criminals, prophets, and discoverers. A wise herd will learn to tolerate the eccentricity of those who rise above the average, and to treat with a minimum of ferocity those who fall below it.
As regards relations to other herds, modern technique has produced a conflict between self-interest and instinct. In old days, when two tribes went to war, one of them exterminated the other, and annexed its territory. From the point of view of the victor, the whole operation was thoroughly satisfactory. The killing was not at all expensive, and the excitement was agreeable. It is not to be wondered at that, in such circumstances, war persisted. Unfortunately, we still have the emotions appropriate to such primitive warfare, while the actual operations of war have changed completely. Killing an enemy in a modern war is a very expensive operation. If you consider how many Germans were killed in the late war, and how much the victors are paying in income tax, you can, by a sum in long division, discover the cost of a dead German, and you will find it considerable. In the East, it is true, the enemies of the Germans have secured the ancient advantages of turning out the defeated population and occupying their lands. The Western victors, however, have secured no such advantages. It is obvious that modern war is not good business from a financial point of view. Although we won both the world wars, we should now be much richer if they had not occurred. If men were actuated by self-interest, which they are not – except in the case of a few saints – the whole human race would cooperate. There would be no more wars, no more armies, no more navies, no more atom bombs. There would not be armies of propagandists employed in poisoning the minds of Nation A against Nation B, and reciprocally of Nation B against Nation A. There would not be armies of officials at frontiers to prevent the entry of foreign books and foreign ideas, however excellent in themselves. There would not be customs barriers to ensure the existence of many small enterprises where one big enterprise would be more economic. All this would happen very quickly if men desired their own happiness as ardently as they desired the misery of their neighbours. But, you will tell me, what is the use of these Utopian dreams ? Moralists will see to it that we do not become wholly selfish, and until we do the millennium will be impossible.
I do not wish to seem to end upon a note of cynicism. I do not deny that there are better things than selfishness, and that some people achieve these things. I maintain, however, on the one hand, that there are few occasions upon which large bodies of men, such as politics is concerned with, can rise above selfishness, while, on the other hand, there are a very great many circumstances in which populations will fall below selfishness, if selfishness is interpreted as enlightened self-interest.
And among those occasions on which people fall below self-interest are most of the occasions on which they are convinced that they are acting from idealistic motives. Much that passes as idealism is disguised hatred or disguised love of power. When you see large masses of men swayed by what appear to be noble motives, it is as well to look below the surface and ask yourself what it is that makes these motives effective. It is partly because it is so easy to be taken in by a facade of nobility that a psychological inquiry, such as I have been attempting, is worth making. I would say, in conclusion, that if what I have said is right, the main thing needed to make the world happy is intelligence. And this, after all, is an optimistic conclusion, because intelligence is a thing that can be fostered by known methods of education.
出典:Bertrand Russell: What Desires Are Politically Important? 1950
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/0944WDPI-160.HTM

<寸言>
他人のことを考えない利己主義はいけないが,他人のこともあわせて考える啓発された利己心はむしろ推奨すべきもの。そうでなくて、自己犠牲を社会の成員に強制すれば逆効果になりやすく、多くの人間を不幸にする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です