ラッセル『私の哲学の発展』第3章 最初の努力 n.8


(ラッセルの15歳の時の鍵付き日記帳から) <1888年4月20日>  こうして,私は原始的な道徳は常に種の保存の観念に由来すると考える(originate in)。しかし,それ(原始的な道徳)は、文明社会が従わなければならない規則だろうか? 私はそうは考えない。私の行為を導きかつそれから外れることを罪と考えるところの私の人生のルール(規則)は、幸福の強度と幸福になる人々の数との両方を考慮して,最大の幸福を生み出しそうだと信じるやり方で行動することである。私の祖母はこれを実行不可能な人生のルールだと考えており、人間は最大の幸福を生み出すものを決して知りえないのだから、(人間の,個々人の)内なる声に従う方がはるかに良いといつも言っているのを、私は知っている。けれども、良心は大部分の場合,教育に依存していることは容易に見てとることができ -たとえば、普通のアイルランド人は嘘をつくことを不正だとは考えない- その事実だけで(人間の)良心が神から与えられたものであることを否認するために十分である,と私には思われる。そうして、私の信ずるところによれば、良心は単に進化と教育とが結びついた産物であるに過ぎないのだから、理性よりも良心に従うということは不合理(absurdity)である。そうして,私の理性は,幸福の最大量を生みだすように行動することの方が,他のどのようなやり方よりも良い、と私に告げる。というのは,私は、(人間の幸福を最大限に増やすという目的以外の)他のいかなる目的を自分の前に立てることができるか試してきたが、(これまで)失敗に終ってきた。私は特に自分の個人的な幸福ではなく、全ての人の幸福を等しく,自分自身とか親戚とか友人とか全くの他人とかの区別せずに、である(目的とするのである)。現実の(実際の)生活においては,それは(そういう目標は)、他人が私と同意見でない限り、私にとって,ほとんど違いはない。というのは,家族に(自分の考えが)知られる機会(恐れ)がある場合には、彼ら(=他の家族)が正しいと考えることをやるほうが良いことは明らかだからである(注:最大多数の最大幸福)。こういった見方(見解)を私がとる理由は,まず(第一に) -進化についてまじめに考える人なら当然なように(as everybody must who seriously thinks about evolution),自分の良心に従うという古い考えを捨てなければならなくなったので- (私としては)それ以外の他の考えを発見できないからである。次に(第二に)、幸福は追求すべき最大のものであり、実際, 誠実な公職の人たちは全て(人々の)幸福を求めていると私には思われるからである。この理論(説)の実際生活への適用の一例として,私自身以外の誰にもまったく関係がない場合には -実際そういう場合が存在すると仮定して- 私は当然のこと,自分の快楽を求めて全く利己的に振る舞うぺきである,と私は言うだろう。もう一つの例として、ある(溺れている)男 -あなたはその男はこの世に存在しない方がよい悪人であると知っている- を救助できる機会があったと仮定すると,私は彼の後を追って水中に飛び込むことにより、明らかに自分自身の幸福をより考慮していることになる(consult ~ better)。というのは、もしそれで私が自分の生命を失うならば、それは(それで)非常に素晴らしい自分の始末の付け方であるし、もしその男を救えたならば私は限りない(終わりのない)賞讃という喜びを持つことになるからである。しかし、もし私がその男が溺れるままにしておくとすると、私は死ぬ機会を失うことになるし、また多くの非難を受けるという不幸に陥ることになるが、世界はその男が死ぬことにより、また(かつ)これは私のかすかな希望であるが、私は死なずにすむことにより,世界はより良いものとなるであろう。
Chapter 3: First Efforts, n.8 (From Russell’s Diaries] Eighteen eighty-eight. Apr. 20th
Thus I think that primitive morality always originates in the idea of the preservation of the species. But is this a rule which a civilized community ought to follow? I think not. My rule of life which I guide my conduct by, and a departure from which I consider as a sin, is to act in the manner which I believe to be most likely to produce the greatest happiness considering both the intensity of the happiness and the number of people made happy. I know that my grandmother considers this an impractical rule of life and says that, since you can never know the thing which will produce greatest happiness, you do much better in following the inner voice. The conscience, however, can easily be seen to depend mostly upon education (as, for example, common Irishmen do not consider lying wrong) which fact alone seems to me quite sufficient to disprove the divine nature of conscience. And, since, as I believe, conscience is merely the combined product of evolution and education, then obviously it is an absurdity to follow that rather than reason. And my reason tells me that it is better to act so as to produce maximum of happiness than in any other way. For I have tried to see what other object I could set before me, and I have failed. Not my own individual happiness in particular, but everybody’s equally, making no distinction between myself, relations, friends, or perfect strangers. In real life it makes very little difference to me as long as others are not of my opinion, for obviously where there is any chance of being found out, it is better to do what one’s people consider right. My reason for this view is, first, that I can find no other, having been forced as everybody must who seriously thinks about evolution to give up the old idea of asking one’s conscience; next, that it seems to me that happiness is the great thing to seek after and which practically all honest public men do seek after. As an application of the theory to practical life, I will say that in a case where nobody but myself was concerned (if indeed such a case exist) I should of course act entirely selfishly to please myself. Suppose, for another instance, that I had the chance of saving a man whom I knew to be a bad man who would be better out of the world, obviously I should consult my own happiness better by plunging in after him. For, if I lost my life, that would be a very neat way of managing it, and, if I saved him, I should have the pleasure of no end of praise. But if I let him drown, I should have lost an opportunity of death and should have the misery of much blame, but the world would be better for his loss and, as I have some slight hope, for my life.
 Source: My Philosophical Development, chap. 3,1959.  
 More info.:https://russell-j.com/beginner/BR_MPD_03-080.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です