ラッセル『私の哲学の発展』に対する巻頭言


             アラン・ウッド夫妻とラッセル

 アラン・ウッド氏(1914-1957)は -彼の著書『情熱の懐疑家(バートランド・ラッセル)』は広範かつ受けるに値する称賛を勝ち得た- 私(=ラッセル)の哲学をより専門的に吟味する(探求する)本を書こうと企てていた。しかし,彼が亡くなった時に出来上がっていたのはその本のわずかな部分のみであった。この小片には序論が含まれており、それを読んだ人々には価値あるものと思われ、従って、公表すべきものと思われた。そのため、それは本書の末尾に印刷(収録)されている。それがもっと早く手に入っていたなら、本書の最初に置かれたでが、それには間にあわなかった。ウッド氏のこの小片は、(otherwise それを読まずに本書を読めば)誤読をしそうないろいろの点を見事に解き明かしているので、読者はまずそれを読まれるのが賢明でないか(advisable to turn to it)と私は考える。ウッド氏がこの著作を完成せずに亡くなられたのはまことに残念なことである

Prefatory Note
Mr Alan Wood, whose book The Passionate Sceptic won widespread and well-deserved applause, was intending to write a more technical examination of my philosophy, but at the time of his death only a small part of this work had been completed. This small part included an Introduction, and this Introduction has seemed to those who have read it to be of value, and, therefore, worth publishing. On this ground, it is being printed at the end of the present volume. If it had become available sooner, it would have been put at the beginning of the volume, but it came too late for this to be possible. I think readers may find it advisable to turn to it first, as it admirably clarifies various things that might otherwise cause misunderstanding. It is deeply to be regretted that Mr Wood did not live to complete the work. B.A.
 Source: My Philosophical Development, 1959.
 More info.: https://russell-j.com/beginner/BR_MPD_Note.HTM

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です