ラッセル『宗教と科学』第4章 悪魔研究と医学 n.12


 プロテスタントも,カトリックとまったく同じくらい,魔女(女魔術師)の迫害にふけった。この件については,ジェームズ一世(注:Charles James Stuart, 1566-1625:スコットランド、イングランド、アイルランドの王で,スコットランド王としてはジェームズ6世。学識ある統治者として知られた。)は,特に熱心だった。彼は悪魔研究(悪魔学)に関する本(注:Daemonologie, 1597年)を執筆し,イングランド統治の最初の年 -当時,コーク(Edward Coke, 1552-1634)は法務総裁(Attorney-General)で,ベーコン(注:Francis Bacon, 1561-1626:イギリスの哲学者、神学者、法学者。「知は力なり」という言葉で有名)は下院にいた- に,ある法令により魔女(女魔術師)に関する法律(the law)をより厳しいものにするようにさせたが,その法律は1736年まで効力を持ち続けた。多くの告発がなされており,そのなかのある告発の医師立会人だったトーマス・ブラウン卿は,「医師の宗教」(Religio Medici)の中で次のように力説している。「私はこれまで魔女(女魔法師)が存在すると信じてきたし,今もそれを知っている。魔女(の存在)を疑う者は魔女を否定するばかりでなく,霊(の存在)をも否定する者である。また,彼らはごまかしており(obliquely 傾いており),従って,そういった者たちは一種の不信心(者)ではなく一種の無神論(者)である」。事実,レッキーが指摘しているように,「幽霊や魔女(の存在)を信じないことは,17世紀における懐疑論の最も主要な特徴であった。当初懐疑論(懐疑主義)はほとんど公然たる自由思想家たちに限られていた。」(のである) 。

Chapter 4: Demonology and Medicine, n.12
Protestants were quite as much addicted as Catholics to the persecution of witches. In this matter James I was peculiarly zealous. He wrote a book on Demonology, and in the first year of his reign in England, when Coke was Attorney-General and Bacon was in the House of Commons, he caused the law to be made more stringent by a statute which remained in force until 1736. There were many prosecutions, in one of which the medical witness was Sir Thomas Browne, who declared in Religio Medici : “I have ever believed, and do now know, that there are witches ; they that doubt them do not only deny them, but spirits, and are obliquely and upon consequence a sort, not of infidels, but of atheists.” In fact, as Lecky points out, “ a disbelief in ghosts and witches was one of the most prominent characteristics of scepticism in the seventeenth century. At first it was nearly confined to men who were avowedly free thinkers.”
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 4:
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_04-120.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です