『宗教と科学』第2章 コペルニクス革命 n.5


 天文学における次の偉大な歩みは,ケプラー(1571-1630)によってとられた。彼の見解はガリレオの見解と同じであったが,彼は決して教会(カトリック教会)と衝突することはなかった。逆に,カトリック教会当局は,彼は科学において卓越していたので,彼のプロテスタティズム(清教徒主義)を許した。(原注:あるいはむしろ,もしかすると、ローマ皇帝が彼の占星術による占い astrogical services を評価したからかも知れない。) 彼が教鞭をとっていたグラーツの町がプロテスタントの支配からカトリックの支配に移った時,プロテスタントの教師たちは追放された。しかし,彼は逃げたけれど,イエズス会士のおかげで復職した。彼はティコ・ブラーエの後を継ぎ,皇帝ルドルフ二世の下で「ローマ帝国お雇い数学者(宮廷数学者)」になり,ティコ・ブラーエの極めて貴重な天文学上の記録を受け継いだ。もし彼がその公職を当てにしていたとしたら(=官職の給料で生計をたてていたのなら),彼はきっと餓死していたであろう。というのは,俸給は高かったけれども支払われなかったからである。しかし,彼は天文学者であるのに加えて,占星術師でもあり -もしかすると真面目な信心深い占星術師だったかも知れないが- 皇帝やその他の大物のために星占いをした時には(drew the horoscopes/horoscope 星占い;天宮図)現金を要求することができた(のである)。彼は淡々と次のように言った。「全ての動物に生存の手段を与えている自然は,占星術を天文学への付加物および味方として与えた」と述べている。星占い(占星術)だけが彼の生計のための唯一の収入源ではなかった。というのは,彼は女相続人(an heiress 金持ちの女相続人)と結婚していたからである。また、彼は常に貧乏であることに対し不平不満を言っていたけれども,彼が亡くなった時,彼は決して貧乏とは言えない状態にあったことがわかった。

Chapter 2: The Copernican Revolution, n.5
The next great step in astronomy was taken by Kepler (1571-1630), who, though his opinions were the same as Galileo’s, never came into conflict with the Church. On the contrary, Catholic authorities forgave his Protestantism because of his scientific eminence. (note: Or rather, perhaps, because the Emperor valued his astrological services.) When the town of Gratz, where he held a professorship, passed from the control of the Protestants to that of the Catholics, Protestant teachers were ejected ; but he, though he fled, was reinstated by the favour of the Jesuits. He succeeded Tycho Brahe as “imperial mathematician” under the Emperor Rudolph II, and inherited Tycho’s invaluable astronomical records. If he had depended upon his official post he would have starved, for the salary, though large, was unpaid. But in addition to being an astronomer he was also an astrologer — perhaps a sincerely believing one — and when he drew the horoscopes of the Emperor and other magnates he was able to demand cash. With disarming candour he remarked that “Nature, which has conferred upon every animal the means of subsistence, has given astrology as an adjunct and ally to astronomy.” Horoscopes were not his only source of livelihood, for he also married an heiress ; and although he constantly complained of poverty, he was found, when he died, to have been far from destitute.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 4.
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_02-050.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です