第18章 権力を手懐けること n.13


 法律を遵守する市民が,警察の不当な迫害から保護されるべきだとすれば,二つの警察権力と,二つのスコットランド・ヤード(注:ロンドン警視庁/実際に警察権力を行使する市民警察)がなければならない。(即ち)一つは現在のように犯罪を立証する意図をもった警察権力,いま一つは無罪を立証するための警察権力の二つが存在しなければならない。さらに,検事に加えてこれと匹敵する法律上卓越した弁護士がいなくてはならない。これは(このことは),無実の人を無罪放免することは罪を犯した人に有罪の判決を出すことに劣らず公共の利益になるということが認められるやいなや明らかになることである。その上,弁護の(役割を果たす)警察権力は,ある種の犯罪に関する場合には,即ち,検察側の警察が自らの「義務」の遂行において犯す罪に関する場合には,起訴を行う警察権力にならなければならない(立場を変えなければならない)。このような方法(手段)によって,いや,このような方法によって以外,(私の見る限り),現在の圧政的な警察権力を和らげる(権力の暴走を防ぐ)ことはできないであろう。

Chapter 18: The taming of Power, n.13
If law-abiding citizens are to be protected against unjust persecution by the police, there must be two police forces and two Scotland Yards, one designed, as at present, to prove guilt, the other to prove innocence; and in addition to the public prosecutor there must be a public defender, of equal legal eminence. This is obvious as soon as it is admitted that the acquittal of the innocent is no less a public interest than the condemnation of the guilty. The defending police force should, moreover, become the prosecuting police force where one class of crimes is concerned, namely crimes committed by the prosecuting police in the execution of their ‘duty’. By this means, but by no other (so far as I can see), the present oppressive power of the police could be mitigated.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER18_130.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です