ラッセル『権力-その歴史と心理』第6章 むきだしの権力 n.1


 伝統的権力を支えてきた信念や習慣が廃れるにつれて,伝統的権力は何らかの新しい信念に基づく権力に,あるいは,「むきだしの」権力,即ち,臣民(被支配者)が決して黙従しない権力に,しだいに屈してゆく。羊に対する屠殺者の権力敗戦国民に対する侵略軍の権力発覚した悪事の共謀者達に対する警察の権力は,そういった権力である。カトリック教会のカトリック教徒に対する権力は伝統的なものであるが,迫害される異教徒に対するカトリック教会の権力はむきだしである。忠実な市民に対する国家権力は伝統的なものであるが,反逆者に対する国家権力はむきだしである。長い間権力を保持している組織は,一般的に言って,三つの段階を通過する。第一段階は,狂信的であるが伝統的ではない信念の段階で,その信念は征服へと導く。次の段階(第二段階)は,新しい権力に一般の人々が黙従する段階で,その新しい権力は急速に伝統的なものになってゆく。最後の段階(第三段階)は,現在伝統を拒否する人々に対抗して使われている権力が,再びむきだしのもの(権力)となる段階。一つの組織はこれらの段階を経てゆくについて,著しくその性格を変えていく。

As the beliefs and habits which have upheld traditional power decay, it gradually gives way either to power based upon some new belief, or to “naked” power, i.e. to the kind that involves no acquiescence on the part of the subject. Such is the power of the butcher over the sheep, of an invading army over a vanquished nation, and of the police over detected conspirators. The power of the Catholic Church over Catholics is traditional, but its power over heretics who are persecuted is naked. The power of the State over loyal citizens is traditional, but its power over rebels is naked. Organizations that have a long career of power pass, as a rule, through three phases : first, that of fanatical but not traditional belief, leading to conquest; then, that of general acquiescence in the new power, which rapidly becomes traditional ; and finally that in which power, being now used against those who reject tradition, has again become naked. The character of an organization changes very greatly as it passes through these stages.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER06_010.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です