ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.13


 現実あるいは想像上の学問(学識)あるいは知恵を通して権力が得られる場合には,非常に異なったタイプの性格が前面に出てくる。この権力形態の最も重要な二つの実例は,伝統的な中国(注:traditional China = ancient China 古代中国)とカトリック教会である。その権力形態は,過去,大部分の時代に存在していたが,現代世界ではその形態は減少している。キリスト教会を別にすれば,英国ではこのタイプの権力はほとんど生き残っていない。とても奇妙なことだが,学問(学識)として通るものの力(権力)が最大となるのは,最も野蛮な社会においてであり,文明が進むにつれて,そうしたカは着実に減ってゆく。私が「学問(learning 学識)」という時,もちろん,魔術師や祈祷師(medicine men 呪術医)の学問(学識)のような,(当時)学問と称せられていたものも,私は含めている。(チベットの)ラサ大学では,博士の学位をとるためには20年にわたる研究が必要であり,この学位はダライ・ラマの地位以外のあらゆる高位の職に就くのに必要である。このような状態は,西暦一千年のヨーロッパの状態とほとんど同じである。当時は,法王シルヴュスター二世は本を読むという理由で魔術師(a magician)だと言われ(噂さされ),その結果,人々に形而上的な恐怖を与えて教会の権力を増すことができたのである。

Chapter III: The Forms of Power, n.13

A very different type of character comes to the fore where power is achieved through learning or wisdom, real or supposed. The two most important examples of this form of power are traditional China and the Catholic Church. There is less of it in the modern world than there has been at most times in the past; apart from the Church, in England, very little of this type of power remains. Oddly enough, the power of what passes for learning is greatest in the most savage communities, and steadily decreases as civilization advances. When I say “learning” I include, of course, reputed learning, such as that of magicians and medicine men. Twenty years of study are required in order to obtain a Doctor’s Degree at the University of Lhassa, which is necessary for all the higher posts except that of Dalai Lama. This position is much what it was in Europe in the year 1000, when Pope Silvester II was reputed a magician because he read books, and was consequently able to increase the power of the Church by inspiring metaphysical terrors.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_130.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です