ラッセル『権力-その歴史と心理』第一章 n.1


Power, a new social analysis, 1938 (いわゆる「権力論」)の連載を開始します。
=============================

 第1章 権力衝動 n.1

 人間と動物との間にはいろいろな違い(相違)がある。知性(知能)の上の違いもあれば,情緒の上の違いもある。こうした情緒の上での違いのうちの主なものの一つは,人間の欲求(欲望)には,動物の欲求と違って,本質的にいって限りのないものであり,完全に充たすことは不可能だということである。たとえば大蛇は,食事が終われば食欲が再び起こるまで眠っている。もし,(大蛇以外の)他の動物が大蛇と同じようにしないとしたら,それは食事が不十分か(食事が足りていないか),あるいは,敵を恐れるからである。このように,動物の活動は,ごく少数の例外を除いて,生存と生殖という一次的欲求(Primary needs 最も主要な欲求)につき動かされるのであって,そうした欲求(必要性)の命ずるもの(要請するもの)以上に出ることはない。
 人間に関しては,事情が違っている(異なっている)。確かに,人間も生活必需品を得るために,(仕事以外の)他の目的に使う精力がほとんど残らないほど一生懸命に働かざるをえない。しかし,生計が保証されている人(衣食足りた人)は,そういう理由で,活動をやめることはない。(ペルシャの)クセルクセス王(Xerxes)がアテネの遠征(the Athenian expedition 通例,「ギリシア遠征」)に乗りだした当時,彼が衣食や女に事欠いていたということはまったくない。ニュートンは(ケンブリッジ大学の)トリニティ・コレッジのフェロー(給費特別研究員)になってから物的に安楽になったことは確かである。しかし,(あの有名な)『プリンキピア』を書いたのはその後のことである。聖フランシスやイグナチウス・ロヨラが修道会(Orders)を創ったのは,貧困(want 困窮)から逃れる必要があったからでは決してない。これらの人々はみな著名人である。しかし,同様の特質(特徴)は,少数の不活発な物ぐさな少数者を除いて,程度こそ異なれ,全ての人に見られる(ものである)。A夫人は,夫の事業の成功はまったく確実であり,彼女は救貧院(workhouse)について(入ることになりはしないかと)心配する必要はまったくない。そういうA夫人はB夫人よりも良い着物で着飾ることを好む。それほどの金をかけなくても(金をかけて着物をたくさん着こまなくても),肺炎(pneumonia)の危険から逃れることができるのに,それでも良い着物が着たいのである。(さらに)A夫人も(夫の)A氏も,ナイトに叙されるか国会議員に選ばれるかすれば喜ぶ。白日夢の中での想像上の勝利には,際限がなく,もしそれが現実に可能だということになれば,それを達成するためにはいろいろな努力がなされるだろう。

Chapter 1: The Impulse to Power

Between man and other animals there are various differences, some intellectual, some emotional. One of the chief emotional differences is that some human desires, unlike those of animals, are essentially boundless and incapable of complete satisfaction. The boa constrictor, when he has had his meal, sleeps until appetite revives ; if other animals do not do likewise, it is because their meals are less adequate or because they fear enemies. The activities of animals, with few exceptions, are inspired by the primary needs of survival and reproduction, and do not exceed what these needs make imperative.

With men, the matter is different. A large proportion of the human race, it is true, is obliged to work so hard in obtaining necessaries that little energy is left over for other purposes; but those whose livelihood is assured do not, on that account, cease to be active. Xerxes had no lack of food or raiment or wives at the time when he embarked upon the Athenian expedition. Newton was certain of material comfort from the moment when he became a Fellow of Trinity, but it was after this that he wrote the Principia. St, Francis and Ignatius Loyola had no need to found Orders to escape from want. These were eminent men, but the same characteristic, in varying degrees, is to be found in all but a small exceptionally sluggish minority. Mrs. A, who is quite sure of her husband’s success in business, and has no fear of the workhouse, likes to be better dressed than Mrs. B, although she could escape the danger of pneumonia at much less expense. Both she and Mr. A are pleased if he is knighted or elected to Parliament. In day-dreams there is no limit to imagined triumphs, and if they are regarded as possible, efforts will be made to achieve them.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER01_010.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です