ラッセル『結婚論』第十五章 家族と国家 n.7


第十五章 家族と国家 n.7:男性支配に対する女性の反乱

 男性支配に対する女性の反乱は,純粋に政治的な意味では,ほとんど(practically)完遂された運動であるが,より広い面から見れば,いまだ始まったばかりのもの(幼児期にある運動)である。その間接的な影響(remoter effects)は,徐々に現われてくるだろう。女性が感じると思われている情緒は,あいかわらず,いまだ,男性の関心と感情(心情)の反映である。あなたは男性の小説家たちの作品で,読者(you)は,幼子に乳を飲ませる時に女性は肉体的(身体的)な快楽を見出す,と書いてあるのを読まれるだろう。あなた(読者)の知り合いのどの母親に聞いてみても(尋ねても),それは本当のことではないとわかる(はずである)。しかし,女性が選挙権(votes 投票権)を得るまでは,聞いてみようと思った男性は,誰もいなかった(のである)。概して,母性的な情緒は,無意識的に,その中に,男性(による)支配の手段を見いだした彼ら(男性たち)によって,非常に長い期間,感傷的に話されてきた(褒め称えられてきた)ので,この点について女性が真剣にどう思っているかを確かめるには,かなりの努力が必要である。

 ごく最近まで,上品な女性は皆子供を欲しがるがセックス(性交)は嫌悪する,と思われて想定されていた。今でも,子供は欲しくないと率直に述べる女性に対しショックを受ける男性は多い。それどころか(indeed 実際),男性が,そういう女性に対するお説教(注:homilies : homily の複数形で「説教」)を買って出ることも珍しくない。女性は,男性に従属(隷属)しているかぎり,あえて自分自身の情緒を正直に語ろうとはせず,男性を喜ばせるような情緒を(偽って)表明していた。それゆえ,子供に対する女性の普通の態度だとこれまで思われてきたものに基づいて議論することはできない。というのは,女性が完全に解放されるにつれて,女性の情緒は,一般に,これまで考えられてきたものとはまったく異なるものであることを発見するかもしれないからである。

私見では,文明は これまで存在してきた文明は少なくとも,女性の母性的感情を大いに減らす傾向があると思われる。おそらく,子供を生むことは金儲けの職業(money-making career)として価値のあることだという気持ちを女性に起こさせるほどの報酬を支払わないかぎり,将来,高度の文明を維持していくことはできなくなるかも知れない。もしも,そんなことになれば,もちろん,全ての女性はおろか,大多数の女性でさえ,この(子供を生む)職業につかなくてもよくなるだろう。それは,多くの職業の中の一つとなり,しかも,専門職としての完全さ(throughness 徹底性)をもって企てられなければならないだろう。

けれども,これらは推測である。それら(これら)の推測中で唯一,かなり確かだと思われる点は,フェミニズムが,今後の発展で,先史時代における女性に対する男性の勝利を表わしている父家長制家族を崩壊させる上で甚大な影響を及ぼしそうだということである

Chapter XV: The Family and the State, n.7

The revolt of women against the domination of men is a movement which, in its purely political sense, is practically completed, but in its wider aspects is still in its infancy. Gradually its remoter effects will work themselves out. The emotions which women are supposed to feel are still, as yet, a reflection of the interests and sentiments of men. You will read in the works of male novelists that women find physical pleasure in suckling their young; you can learn by asking any mother of your acquaintance that this is not the case, but until women had votes no man ever thought of doing so. Maternal emotions altogether have been so long slobbered over by men who saw in them subconsciously the means to their own domination that a considerable effort is required to arrive at what women sincerely feel in this respect. Until very recently, all decent women were supposed to desire children, but to hate sex. Even now, many men are shocked by women who frankly state that they do not desire children. Indeed, it is not uncommon for men to take it upon themselves to deliver homilies to such women. So long as women were in subjection, they did not dare to be honest about their own emotions, but professed those which were pleasing to the male. We cannot, therefore, argue from what has been hitherto supposed to be woman’s normal attitude towards children, for we may find that as women become fully emancipated their emotions turn out to be, in general, quite different from what has hitherto been thought. I think that civilization , at any rate as it has hitherto existed, tends greatly to diminish women’s maternal feelings. It is probable that a high civilization will not in future be possible to maintain unless women are paid such sums for the production of children as to make them feel it worth while as a money-making career. If that were done, it would, of course, be unnecessary that all women, or even a majority, should adopt this profession. It would be one profession among others, and would have to be undertaken with professional thoroughness. These, however, are speculations. The only point in them that seems fairly certain is that feminism in its later developments is likely to have a profound influence in breaking up the patriarchal family, which represents man’s triumph over woman in pre-historic times.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM15-080.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です