ラッセル『結婚論』第九章 人生における恋愛の位置 n.1


第九章 人生における恋愛の位置 n.1: 恋愛に対する支配的な態度

 大部分の社会(共同体)において,奇妙なことに,恋愛に対する支配的な態度には二つの面がある。一方では,恋愛は詩や小説や演劇の主要なテーマになっており,他方では,大部分のまじめな社会学者にまったく無視され,経済や政治の計画(事業計画)において必須のもの(desiderata)の一つとは考えられていない。私は,こうした態度は正当化できるものだとは思わない。私は,恋愛を人生で最も重要なものの一つだと考えるし,その自由な発展を不必要に阻害する制度はいずれも悪だと考える

Chapter IX: The place of love in human life, n.1

The prevailing attitude of most communities towards love is curiously twofold: on the one hand, it is the chief theme of poetry, novels, and plays; on the other hand, it is completely ignored by most serious sociologists, and is not considered as one of the desiderata in schemes of economic or political reform. I do not think this attitude justifiable. I regard love as one of the most important things in human life, and I regard any system as bad which interferes unnecessarily with its free development.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM09-010.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です