世界が安定を回復するために必要な3つの前提条件


terolist_girl 世界が安定を回復する以前に行われなければならないことが3つある。その第一は,武装軍隊を独占した世界政府の樹立,第2は,世界全地域の生活水準の向上と平均化,第3は人口抑制による人口安定あるいはゆるやかな増加,が必要である。この3つが達成されるだろうと私は言っているのではない。私が言っているのは,この3つのいずれがが欠けても不安定が生れる,ということである

There are three things that must be achieved before stability can be recovered: the first of these is a world government with a monopoly of armed force; the second is an approximate quality as regards standards of life in different parts of the world; the third is a population either stationary or very slowly increasing. I do not say that these three things will be achieved. What I do say is that unless they are, the present intolerable insecurity will continue.
出典: New York Times Magazine, Aug.3,1952. Repr. in :Fact and Fiction, 1961, pt.4,chap.4: Three essentials for a stable world (George Allen and Unwin) p.235.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/STABLE-W.HTM

[寸言]
IS (ISIS) の戦闘員全員殺害しても、テロリストはなくならないであろう。それどころか、貧富の格差が今以上に進めば、(自然災害のように)テロは常態化していくだろう。
ラッセルがあげる3つの条件が(ラッセルは後に4つに増やしている。)解決されない限り、テロを未然に防ぐための市民の権利の制限(究極的には、脳波を感知してよからぬことを考えていないかさぐるような社会=(映画)Minority Group で描かれた「素晴らしい世界」)がやってくることも覚悟しなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です