「エディプス・コンプレックス」なんて存在しない、と思う


 精神分析学者によって前面に持ち出されてきた,もうひと組の危険がある。ただし,私は,彼らの事実解釈には疑問があると考えている。私が考えている危険は,父親か母親のどちらかに対する度を越した愛着に結びついた危険である。大人(成人した者)は,いや青年でさえ,自分(ひとり)で考えたり感じたりできなくなるほど,父親あるいは母親によって,保護を受けすぎるようなことがあってはならない。こういったことは,親の個性が子供の個性よりも強い場合には,容易に起こる可能性がある。私は,稀な病的な事例は別として,息子が母親に,娘が父親に,特別に惹きつけられるという意味での「エディプス・コンプレックス」がある(普通に存在する)とは信じない。親の過度の影響は,それが存在する場合は,性別にかかわらず,子供と一番多くのかかわりを持ってきた - 通例,母親 - によるものである。もちろん,母親を嫌っていて,(父親があまり家におらず)父親の姿をあまり見ない娘が,父親を理想化することはあるかもしれない。しかし,その場合,影響は夢(の中の父親)によってであり,現実の父親によってではない理想化とは,さまざまな希望を一つの口実に託することだ。つまり,口実は,ただ便宜的なものであって,希望の性質とはなんの関係もない。度を過ごした親の影響は,これとはまったく異なる。なぜなら,親の影響は,空想上の肖像ではなく,現実の人間と結びついているからだ。

There is another set of dangers which has been brought to the fore by the psycho-analysts, though I think their interpretation of the facts may be questioned. The dangers I am thinking of are those connected with undue devotion to one or other parent. An adult, and even an adolescent, ought not to be so overshadowed by either father or mother as to be unable to think or feel independently. This may easily happen if the personality of the parent is stronger than that of the child. I do not believe that there is, except in rare morbid cases, an “Oedipus Complex”, in the sense of a special attraction of sons to mothers and daughters to fathers. The excessive influence of the parent, where it exists, will belong to the parent who has had most to do with the child –generally the mother– without regard to difference of sex. Of course, it may happen that a daughter who dislikes her mother and sees little of her father will idealize the latter; but in that case the influence is exerted by dreams, not by the actual father. Idealization consists of hanging hopes to a peg: the peg is merely convenient and has nothing to do with the nature of the hopes. Undue parental influence is quite a different thing from this, since it is connected with the actual person, not with an imaginary portrait.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, Pt. 2:Education of character, chap. 11: Affection and Sympathy
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE11-030.HTM

<寸言>
通俗的なフロイト主義者は、すべての人がエディプス・コンプレックスを生まれつきもっているかのごとく言うが、そんなことはない、とラッセルは主張する。病的な場合を除いて、子供が母親または父親に異常な愛着を持つことはないはずであり、もし持っているとしたら、親子関係夫婦関係に問題がある場合だろう、とのラッセルの主張。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です