バートランド・ラッセルのポータル・サイト


更新履歴(2013年4月〜6月)
索引へ
ContentsDate
(縦書き文庫)ハンス・ライヘンバッハ「ラッセルの論理学」2013.6.30
ラッセル英単語: sterile (R英単_s012)2013.6.30
富永直久『彼らは何歳で始めたか −ドラマティック・エッセイ』 (R落穂拾い)2013.6.29
(WorldCAT)ラッセル関係資料の所蔵状況(世界中でどれだけの図書館でラッセルの著作及び関係資料を所蔵しているか見ると,ラッセルの影響力の一端がわかります。)」2013.6.29
メルマガ第333号 を発行しました。2013.6.29
ラッセル英単語: submit (R英単_s011)2013.6.28
ラッセル英単語: resemble (R英単_r011)2013.6.27
ロマン・ロランからラッセルへの手紙(1920.3.16) 2013.6.26
ラッセル英単語: exploit (R英単_e011)2013.6.25
ラッセル英単語: compatible (R英単_c016)2013.6.24
(アマゾン・カスタマーレビュー)「Logicomix: An Epic Search for Truth(欧米でベストセラーの劇画:ラッセルを主人公にして数理論理学の歴史を描写したもの)」2013.6.24
メルマガ332号編集後記の記載 [ラッセルの言葉(1958年8月8日にBBCでの発言)から一つ] のなかの「1958年8月8日のBBCでの発言」は誤ってコピー&ペーストしてしまったものです。出典は,http://russell-j.com/JIYU-KYO.HTM です。2013.6.22
メルマガ第332号 を発行しました。2013.6.22
ラッセル英単語: violate (R英単_v005)2013.6.21
ラッセル英単語: variable (R英単_v004)2013.6.20
ハーバート・A・サイモン『学者人生のモデル』(R落穂拾い中級篇)2013.6.19
ラッセル英単語: vice (R英単_v003)2013.6.18
ラッセル英単語: unconscious (R英単_u005)2013.6.17
ラッセル英単語: undermine (R英単_u004)2013.6.16
(ブログ「哲学の楽しみ」)「8.ラッセル「カントは人並みはずれて心理学にくらかった。」2013.6.16
(散歩男爵 Tumblaneur)「IPLの最初の利用例は、『プリンキピア・マテマティカ』(バートランド・ラッセルとアルフレッド・ノース・ホワイトヘッドの労作)の中の定理を計算によって証明するデモンストレーションであった。」2013.6.15
トップページの「ラッセルの言葉」を更新しました。政府だけでなく、マスコミも大きな「権力」です(立法,司法,行政に続き,第四の権力という言い方もされます)。読売新聞社主の渡邊氏などは・・・。2013.6.15
メルマガ第331号 を発行しました。2013.6.15
(デスクトップ2ch)「三浦俊彦「ラッセルのパラドクス(442件の書き込み)」2013.6.14
ラッセル英単語: technical (R英単_t009)2013.6.14
ラッセル英単語: tangible (R英単_t008)2013.6.13
(高村夏輝のブログ「この部屋にカバはいません」)「(抄訳)ラッセルの技術論 その1」2013.6.13
ラッセル英単語: trouble (R英単_t007)2013.6.12
ラッセル英単語: temper (R英単_t006)2013.6.11
ラッセル英単語: tolerance (R英単_t005)2013.6.10
サイモン・クリッチリー『哲学者たちの死に方』」 (R落穂拾い)2013.6.9
(一人ひとりが声をあげて平和を作るメールマガジン「オルタ」)西村徹「翻訳の限界−−バートランド・ラッセルの『西洋哲学史』を読んだ」(名訳として評判の高いラッセル『西洋哲学史』のなかに見つけた誤訳について紹介しています。) 2013.6.9
(一人ひとりが声をあげて平和を作るメールマガジン「オルタ」)西村徹「うんと古本のB.ラッセルとW.ジェームズ」(ラッセル『人類の将来』の誤訳や不適切な訳が指摘されていて面白いです。) 2013.6.8
(ブログ「英語講師・土岐田健太:超一流の英語の授業」)「僕の好きな作家:バートランド・ラッセル the man who lives objectively ...」2013.6.8
メルマガ第330号 を発行しました。2013.6.8
トップページの「ラッセルの言葉」を更新しました。強者(あるいは富める者)が弱い者(貧しい人間)をいじめると、その弱者が自分よりもさらに弱い者をいじめるという、'いじめの構造(連鎖)'が「要約された人類の歴史」でもある、という皮肉です。2013.6.6
松原仁「ロジック・セオリスト」 (R落穂拾い)2013.6.6
ラッセル英単語: substitute (R英単_s010)2013.6.5
(「英国ニュース・ダイジェスト」)「第38回 バートランド・ラッセル The Good Life is ...」2013.6.4
ラッセル英単語: suspend (R英単_s009)2013.6.4
ラッセル英単語: sense (R英単_s008)2013.6.3
ラッセル英単語: synthesis (R英単_s007)2013.6.2
メルマガ第329号 を発行しました。2013.6.1
ラッセル英単語: substance (R英単_s006)2013.5.31
ラッセル英単語: sphere (R英単_s005)2013.5.30
トップページの「ラッセルの言葉」を更新しました。このラッセルの言葉を独善的な橋下市長に悪用されると困りますが・・・!?2013.5.29
ラッセル英単語: subjective (R英単_s004)2013.5.29
ラッセル英単語: represent (R英単_r010)2013.5.28
松元雅和『平和主義とは何か−政治哲学で考える戦争と平和』 (R関係文献紹介)2013.5.27
「PPS 歴史上の人物の写真:バートランド・ラッセル」2013.5.26
(ブログ「森の散歩」より)「バートランド・ラッセル(の生涯)」2013.5.26
メルマガ第328号 を発行しました。2013.5.25
ラッセル英単語: relation (R英単_r009)2013.5.24
(勁草書房から出されている『ラッセルの哲学[1903-1918]-センスデータ論の破壊と再生』は学位論文に加筆修正したものだそうです!)高村夏輝『ラッセルのセンスデータ論再考』(東大学位論文)内容要旨及び論文審査要旨)2013.5.23
ラッセル英単語: regulate (R英単_r008)2013.5.23
(結局なんでもありということですか・・・?)「バートランド・ラッセルのマグカップ」2013.5.22
(商魂がたくましいというか、なんでも商売にしてしまいますね)「バートランド・ラッセルのヒューマニズム- Tシャツ」2013.5.22
(こんなものまでありました・・・)「バートランド・ラッセル(のインテリア・シール)」2013.5.22
(ブログ「ムーミンパパのシルエット」より)「バートランド・ラッセル(『ラッセル自伝』のなかのあるエピソード)」2013.5.22
ラッセル英単語: realistic (R英単_r007)2013.5.22
ケネス・ペレティエ『意識の科学ーホリスティックなヒーリングへの道』 (R落穂拾い)2013.5.21
ラッセル英単語: reflect (R英単_r006)2013.5.20
(日経ビジネス Online より)「今必要なのは(ラッセルの言う)仮説設定能力 - 進路選択からビッグデータ活用まで、あなたの仮説が一番大事」2013.5.19
村上和雄『科学者の責任−未知なるものとどう向き合うか』 (R落穂拾い)2013.5.19
(某ブログより)「5/18はラッセルの誕生日−「天性の教師」バートランド・ラッセル」2013.5.18
トップページの「ラッセルの言葉」を更新しました2013.5.18
メルマガ第327号 を発行しました。2013.5.18
「昨日〈京大の)久木田さんに聞いた本:『ラッセルの哲学[1903-1918]: センスデータ論の破壊と再生』、読みたし。(某 Twitter より)2013.5.17
高村夏輝(著)『ラッセルの哲学[1903-1918]: センスデータ論の破壊と再生』に関する感想(ブログ「無気力東大院生の不労生活」から)2013.5.17
ラッセル英単語: radical (R英単_r005)2013.5.16
高橋昌一郎『理性の限界−不可能性・不確定性・不完全性』(R落穂拾い−中級篇)2013.5.15
「現代日本のバートランド・ラッセル語録」(某ブログから)2013.5.15
ラッセル英単語: quality (R英単_q005)2013.5.14
トップページの「ラッセルの言葉」を更新しました。下記の西村徹さんのブログに呼応したものです!。2013.5.13
「私って嘘のつけない人じゃないですか- 西村徹<後ろの方でラッセル『怠惰への讃歌』の誤訳について指摘>」2013.5.13
ラッセル英単語: queer (R英単_q004)2013.5.13
泉谷閑示『反教育論-猿の思考から超猿の思考へ』 (R落穂拾い)2013.5.12
「ラッセル・アインシュタイン宣言、一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)<原発も核兵器も原理は同じ!>」(ブログ「瀬戸の風」より)2013.5.11
ラッセル英単語: Q.E.D.(QED 証明終了!) (R英単_q003)2013.5.11
メルマガ第326号 を発行しました。2013.5.11
「今こそラッセルを - 三浦俊彦『ラッセルのパラドクス − 世界を読み換える哲学(岩波新書 新赤版975)』(Web 本棚より)2013.5.10
ラッセル英単語: proposition (R英単_p010)2013.5.10
ラッセル英単語: perspective (R英単_p009)2013.5.10
[博多の余韻、「自由人の十戒」ほか](公益財団法人・秋山記念生命科学振興財団理事長・秋山孝二のブログから)2013.5.9
「思想家トレーディング・カード」イラスト見本「ラッセル」(大谷津竜介の website)2013.5.8
ラッセル英単語: process (R英単_p008)2013.5.8
The Problems of Philosophy, by B. Russell (なんと4時間50分にわたる朗読 (full audio book/無料)です!」2013.5.6
『オーウェル著作集 IV:1945-1950』 (R落穂拾い)2013.5.6
ラッセル英単語: practical (R英単_p007)2013.5.6
高山守『因果論の超克−自由の成立に向けて』 (R関係文献紹介)2013.5.5
「バートランド・ラッセルの『論理的原子論の哲学』について」(ハシモト・タカナリのエンジニアリング日記)2013.5.4
メルマガ第325号 を発行しました。2013.5.4
「政治と論理リテラシー その1 / 「論理的リテラシー(続き)[← 松下もコメントを投稿しました!)(高村夏輝氏のブログから)2013.5.3
ラッセル英単語: power (R英単_p006)2013.5.3
トップページの「ラッセルの言葉」を更新しました。最近の愛国心教育の教科化への動きに対する批判(その3)です。2013.5.3
ラッセル英単語: overwhelm (R英単_o010)2013.5.1
トップページの「ラッセルの言葉」を更新しました。最近の愛国心教育の教科化への動きに対する批判(その2)です。2013.5.1
安川寿之輔『増補 日本近代教育の思想構造』(R落穂拾い−中級篇)2013.4.29
ラッセル英単語: occurrence (R英単_o009)2013.4.29
寺島実郎「人間にとって地域に生きる幸福とは」 (R落穂拾い)2013.4.28
トップページの「ラッセルの言葉」を更新しました。最近の愛国心教育の教科化への動きに対する批判です。2013.4.28
メルマガ第324号 を発行しました。2013.4.27
「国賊たち[← 自分たち(強者たち)の利益が第一なのに'国益'のため、国民のためと強弁する'国賊'たち。しかし国民はそれを見抜けず支持さえして・・・)(高村夏輝氏のブログから)2013.4.26
ポール・サガード(著),武藤隆(監訳),松井由佳/松井愛奈(共訳)『脳科学革命−脳と人生の意味』 (R落穂拾い)2013.4.25
ラッセル英単語: observe (R英単_o008)2013.4.25
ラッセル英単語: occasion (R英単_o007)2013.4.23
4月1日から4月22日までバックアップし忘れ!2013.4.**
更新履歴(索引)