(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


★ variable (adj.) [変わりやすい,変化しやすい;移り気な;変えられる;可変的な;(数)変数の || (n) 変化するもの;(数)変数]

* vary (v): to be different; have qualities that are not the same as each other; to (cause to) become different; change
* varied (adj.):様々な;変化のある,多彩な
* variant (n): 変形,別形;;異形;異本
* 『東大英単』p.229 説明:一定していない,という意味で,類語に unstable, changeable などがある。・・・。variant は「異種」のことで,たとえば「・・・の現代版」は a modern variant of と言えるが,同じ意味は a modern equivalent of ... という言い方でも表せる。
One of the great drawbacks to self-centred passions is that they afford so little variety in life. The man who loves only himself cannot, it is true, be accused of promiscuity in his affections, but he is bound in the end to suffer intolerable boredom from the invariable sameness of the object of his devotion.
* promiscuity (n):入り混じった状態,混乱状態;乱交;無差別な混合
['自己中心的な感情'の大きな欠点の一つは,人生にほとんど'多様性'を与えない(もたらさない)という点である。自分自身しか愛さない人は,確かに,愛情の無差別さ(多情さ)について非難されることはない。しかし,'熱愛の対象が'いつも変らないため,ついには'耐えがたい退屈'に苦しむ運命にある。
 出典:ラッセル『幸福論』第6章「嫉妬」)]

All skilled work can be pleasurable, provided the skill required is either variable or capable of indefinite improvement. If these conditions are absent, it will cease to be interesting when a man has acquired his maximum skill.
(必要とされる技術が変化に富むか,あるいは際限なく向上させうるものであれば,技術(熟練)を要する仕事は全て,楽しいものにすることができる。(しかし)もしこういった条件がなければ,(その人が獲得可能な)最高度の技術を身につたときには,仕事は面白くなくなってしまうであろう。
 出典:ラッセル『幸福論』第14章「仕事」]

One interesting variant of the flute - used, for example, in Hawaii - is powered by air from the nose, not the mouth.
[笛には面白いものがあって,例えばハワイで使われているものに,口ではなく鼻からの空気で音も出すものがある。
 出典:『東大英単』p.229]

The winds today will be light and variable .
[ 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.]

Fortune is a variable lady.
[運命の女神は気まぐれだ。
 出典:Shogakukan Random House English-Japanese Dictionary, 1982]