親の愛情と支配欲  the parent’s love and desire for power

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】r366-c069-2

生まれたばかりの赤ん坊は無力なので,赤ん坊が必要とする物を与えたいという衝動がある。その衝動は,親の子供に対する愛情だけではなく,親の権力欲(支配欲)をも満足させるものである。
The new creature is helpless, and there is an impulse to supply its needs, an impulse which gratifies not only the parent’s love towards the child, but also the parent’s desire for power.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.13:The family.
http://russell-j.com/beginner/HA24-090.HTM#r366-c069
DOKUSH21

親であることの喜びの根源 The primitive root of the pleasure of parenthood

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】r366-c069

親であることの喜びの根源は,二重にある。一方では,自分自身の肉体の一部が外在化し,自分の肉体の死を越えて生命を延ばしていき,そして,おそらく,今度はその一部を同じようにして外在化し,そのようにして遺伝子の不滅が確保されるという感覚がある。
The primitive root of the pleasure of parenthood is two-fold. On the one hand there is the feeling of part of one’s own body externalised, prolonging its life beyond the death of the rest of one’s body, and possibly in its turn externalising part of itself in the same fashion, and so securing the immortality of the germ-plasm.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.13:The family.
http://russell-j.com/beginner/HA24-090.HTM#r366-c069