余暇の知的な過ごし方 To be able to fill leisure intelligently

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】 r366-c070-3

余暇(時間)を’知的に’使う(満たす)ことができるということは,文明の最後の成果であり,現在,このレベルに達している人はほとんどいない。
To be able to fill leisure intelligently is the last product of civilization, and at present very few people have reached this level.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.14:Work
http://russell-j.com/beginner/HA25-010.HTM#r366-c070-2
DOKUSH22

自由時間の過ごし方 When people are left free to fill their time, …

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】 r366-c070-2

大部分の人は,自分の時間の全てを自由に好きなように使ってよいと言われると,やる価値がありかつ十分楽しいことを思いつくのに迷ってしまう。そして,どんなことをやろうと決めたとしても,何か別なことのほうがもっと楽しかったのではないか,といった思いに悩まされる。
Most people, when they are left free to fill their own time according to their own choice are at a loss to think of anything sufficiently pleasant to be worth doing. And whatever they decide on, they are troubled by the feeling that something else would have been pleasanter.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.14:Work
http://russell-j.com/beginner/HA25-010.HTM#r366-c070-2

定常的な仕事の利点 the advantages of work

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】 r366-c070

大部分の人がしなければならない(大部分の)仕事は,それ自体面白いものではない。しかし,そういう仕事でさえも大きな利点がいくつかある。まず第一に,仕事は,何をすべきかを決める必要なしに,一日のうちのかなり多くの時間を満たしてくれる。
Most of the work that most people have to do is not in itself interesting, but even such work has certain great advantages. To begin with, it fills a good many hours of the day without the need of deciding what one shall do.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.14:Work
http://russell-j.com/beginner/HA25-010.HTM# r366-c070