親の愛情と支配欲  the parent’s love and desire for power


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】r366-c069-2

生まれたばかりの赤ん坊は無力なので,赤ん坊が必要とする物を与えたいという衝動がある。その衝動は,親の子供に対する愛情だけではなく,親の権力欲(支配欲)をも満足させるものである。
The new creature is helpless, and there is an impulse to supply its needs, an impulse which gratifies not only the parent’s love towards the child, but also the parent’s desire for power.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.13:The family.
http://russell-j.com/beginner/HA24-090.HTM#r366-c069
DOKUSH21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です