理性的な心理の働き  the function of a rational psychology

【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c161】

憎悪や’ねたみ’を最小にする方法を発見することは,疑いもなく,理性的な心理の働きの一部である。しかし,(理性によって)これらの情熱を最小にする際,同時に,理性が非難しない情熱の力まで弱めてしまうのではないか,と想像するのは誤りである。情熱的な恋愛,親としての愛情,友情,慈悲心,科学や芸術に対する献身などの中には,理性が減じたいと思うものは何ひとつない。理性的な人間は,これらの情緒のいずれか一つまたは全部を感じるとき,そのことを喜びとするのであり,そうした情緒の強さを減らすようなことは何もしないだろう。なぜなら,これらの感情は全て,善い生活,すなわち,自分自身及び他人の,双方の幸福を促進する生活の一部であるからである。
To find ways of minimizing hatred and envy is no doubt part of the function of a rational psychology. But it is a mistake to suppose that in minimizing these passions we shall at the same time diminish the strength of those passions which reason does not condemn. In passionate love, in parental affection, in friendship, in benevolence, in devotion to science or art, there is nothing that reason should wish to diminish. The rational man, when he feels any or all of these emotions, will be glad that he feels them and will do nothing to lessen their strength, for all these emotions are parts of the good life, the life, that is, that makes for happiness both in oneself and in others.
出典:The Conquest of Happiness, 1930, chap. 7: The sense of sin
詳細情報: http://russell-j.com/beginner/HA17-090.HTM#r366-c161

DOKUSH37-2