(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(松下彰良・訳)

On Education, especially in early childhood.
(London; Allen & Unwin, 1926)


Contents

原著まえがき(Introdoction) ★ On Education (full text)


・第一部: 教育の理想 (Part I: Educational Ideals)
  第1章 近代教育理論の前提条件 (1.Postulates of Modern Educational Theory)
  第2章 教育の目的 (2.The Aims of Education)

・第二部: 性格の教育 (Part II: Education of Character)
  第3章 生後第1年 (3.The First Year)
  第4章 恐怖 (4.Fear)
  第5章 遊びと空想 (5.Play and Fancy)
  第6章 建設的であること (6.Constructiveness)
  第7章 自分本位と所有権 (7.Selfishness and Property)
  第8章 誠実(正直)であること (8.Truthfulness)
  第9章 罰 (9.Punishment)
  第10章 他の子供たちのもつ重要性 (10.Importance of Other Children)
  第11章 愛情と同情 (11.Affection and Sympathy)
  第12章 性教育 (12.Sex Education)
  第13章 ナースリ・スクール (保育園)(13.The Nursery School)

・第三部: 知育 (art III: Intellectual Education)
  第14章 一般的な原理(14.General Principles)
  第15章 14歳以前のカリキュラム(15.The School Curriculum Before Fourteen)
  第16章 最終学年(16.Last School Years)
  第17章 通学学校と寄宿学校(17.Day Schools and Boarding Schools)
  第18章 大学(18.The University)
  第19章 結論(19.Conclusion)