russellian-j のすべての投稿

1996年8月8日にバートランド・ラッセルのポータルサイト開設  http://russell-j.com 1980年1月から「ラッセルを読む会」代表世話人

人生に終わりがあるからこそ・・・ If I lived for ever …

r366-c008
もしも私が永久に生きるとしたら,人生の喜びはついには必然的にその味わいを失ってしまうだろう。現実には人生に終わりがあるので,人生の喜びは永遠に新鮮さを失わない。
私は,(命の)火の前で両手を暖めた
(命の)火が消える,そして私は(この世を)去る準備(覚悟)はできている

If I lived for ever the joys of life would inevitably in the end lose their savour. As it is, they remain perennially fresh.
I warmed both hands before the fire;
It sinks, and I am ready to depart.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.2:The Byronic unhappiness.
http://russell-j.com/beginner/HA12-030.HTM#r366-c008
DOKUSH28

ハッピーエンド症候群 the hero and heroine

r366-c007-2
人生は,ヒーローとヒロインが,信じられないような不運(逆境)を乗り越え,最後にはハッピーエンドで報われる,といったメロドラマの類推で思い描かれるべきではない.
Life is not to be conceived on the analogy of a melodrama in which the hero and heroine go through incredible misfortunes for which they are compensated by a happy ending.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.2:The Byronic unhappiness.
http://russell-j.com/beginner/HA12-030.HTM#r366-c007-2

部分に価値がなければ全体にも価値はない no value in the whole unless there is value in the parts

r366-c007
将来に期待して,現在の意味はすべて未来の(もたらすものの)中にある,と考える習憤は,有害である。(なぜなら)部分に価値があるのでなければ,全体に(も)価値はありえない。
The habit of looking to the future and thinking that the whole meaning of the present lies in what it will bring forth is a pernicious one. There can be no value in the whole unless there is value in the parts.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.2:The Byronic unhappiness.
http://russell-j.com/beginner/HA12-030.HTM#r366-c007

欲しいものをいくつか持っていないこと To be without some of the things you want

r366-c006
欲しいものをいくつか持っていないことこそ,幸福の不可欠の要素の一つである。
To be without some of the things you want is an indispensable part of happiness.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.2: Byronic unhappiness.
http://russell-j.com/beginner/HA12-020.HTM#r366-c006

虚しいなんて言っていられない

r366-c005
もし自分の子供が病気になったら,あなたは不幸になるかもしれないが,いっさいが空しいとは感じないだろう。あなたは,子供の健康を回復させることこそ注意を払うべき事柄であって,人間の命に究極的な価値があるかどうかという疑問などはどうでもよいと感じるだろう。
If your child is ill, you may be unhappy, but you will not feel that all is vanity; you will feel that the restoring of the child to health is a matter to be attended to regardless of the question whether there is ultimate value in human life or not.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.2: Byronic unhappiness.
http://russell-j.com/beginner/HA12-020.HTM#r366-c005

一切が空しいと感じるような気分からの脱出 owing to some imperative necessity of action

r366-c004-2
私自身も,一切が空しいと感じるような気分をしばしば経験した。そんな気分から脱出できたのは,何らかの哲学によってではなく,どうしても行動を起こさなければならない何らかの必要性に迫られたからであった。
I have frequently experienced myself the mood in which I felt that all is vanity; I have emerged from it not by means of any philosophy, but owing to some imperative necessity of action.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.2: Byronic unhappiness.
http://russell-j.com/beginner/HA12-020.HTM#r366-c004-2

気分については議論しても仕方がない There is no arguing with a mood

r366-c004
気分については議論しても仕方がない。
気分は何か幸運な出来事が起これば変わるし,体調の変化によっても変わるが,議論によって変えることはできない。
There is no arguing with a mood; it can be changed by some fortunate event, or by a change in our bodily condition, but it cannot be changed by argument.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.2: Byronic unhappiness.
http://russell-j.com/beginner/HA12-020.HTM#r366-c004

世界観と幸不幸は無関係 putting the cart before the horse

r366-c003
自分の不幸を大まじめに自分の世界観のせいにする人びとは,本末を転倒している,と私は固く信じている。真実は,彼らは自分では気づいていない何か別の理由で不幸なのであり,この不幸のために,自分が住んでいる世界のあまり気に入らない特徴についてくよくよ考えるようになるのである。
Those who quite sincerely attribute their sorrows to their views about the universe are putting the cart before the horse: the truth is that they are unhappy for some reason of which they are not aware, and this unhappiness leads them to dwell upon the less agreeable characteristics of the world in which they live.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.2: Byronic unhappiness.
http://russell-j.com/beginner/HA12-010.HTM#r366-c003

陶酔を求める人 The man who seeks intoxication

r366-c002-2
どのような形にせよ,陶酔を求める人は,忘却以外の希望をあきらめてしまっている。
The man who seeks intoxication, in whatever form, has given up hope except in oblivion.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.1:What makes people unhappy?
http://russell-j.com/beginner/HA11-040.HTM#r366-c002-2

泥酔は一時的な自殺行為 Drunkenness is temporary suicide

r366-c002
泥酔は、一時的な自殺(行為)であり、酒のもたらす幸福は、単に消極的な、不幸の一瞬の休止にすぎない。
Drunkenness, for example, is temporary suicide; the happiness that it brings is merely negative, a momentary cessation of unhappiness.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.1:What makes people unhappy?
http://russell-j.com/beginner/HA11-040.HTM#r366-c002-1