(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

Back Next  Part I(Causes of Unhappiness), Chap.3:Competition   Contents(総目次へ)
 次のような事実を認識している人がほとんどいないように思われるのは,なんとも奇妙である。即ち,人びとは,逃げ場のないメカニズムにしっかり捕まっているのではなく,踏み車を踏んでいるのであり,いつまでもそれをやめないのは,踏み車で自分を高いレベルに引き上げることはできないということに気づいていないからにほかならない,という事実である。
 もちろん,私がいま考えているのは,実業界で高い地位についている人たち,即ち,すでにかなりの収入があり,その気になれば,現在持っている財産で生活していける人たちのことである。戦線を離脱し,現在持っている財産で生活するのは,彼らにとって,まるで敵前逃亡するのと同じように,恥ずべきことに思われるだろうが,しかしもし彼らに対し,'仕事を通してあなた方はどのような公共の目的に奉仕しているのか'と尋ねるならば,精力的な生活を勧める(賞賛する)ような宣伝・広告に見られるような陳腐なきまり文句を言いつくすやいなや,返事に窮してしまうだろう。
 そのような男性の生活を考えてみよう。想像するに,彼には素敵な家があり,素敵な(魅力的な)妻と,素敵な(かわいい)子供たちがいるだろう。彼は,朝早く,家族がまだ眠っているうちに起きて,会社へいくために,急いで家を出る。会社では,大物の経営幹部としての資質を示すのが彼の役目である。堅くしまった口元,はっきりしたものの言い方,使い走りの給仕以外の全ての人に感銘を与えるように計算された,賢明かつ冷静な態度(など)を身につけていく。彼は,手紙を口述し,電話で様々な重要人物と話をし,市場を研究し,やがて現在取引をしている,あるいは今後取引をしたいと思っている人物と昼食を共にする。同じようなことが午後からもずっと続く。彼は,疲れはて,晩餐の着替えをするのにぎりぎり間に合う時刻に帰宅する。晩餐の席では,彼や他の何人かの疲れた男たちは,まだ疲れを感じる理由のない婦人たちと同席することを楽しんでいるふりをしなければならない。この哀れな男性が席を離れるまで何時間かかるか,まったく予測不可能である。ようやく彼は眠りにつき,ほんの数時間(だけ),緊張がほぐれる。  
(カット写真)悠々自適? 毎日(京都勤務時)宿舎の庭を通り抜ける数匹の猫の中の一匹.
It is very singular how little men seem to realise that they are not caught in the grip of a mechanism from which there is no escape, but that the treadmill is one upon which they remain merely because they have not noticed that it fails to take them up to a higher level. I am thinking, of course, of men in higher walks of business, men who already have a good income and could, if they chose, live on what they have. To do so would seem to them shameful, like deserting from the army in the face of the enemy, though if you ask them what public cause they are serving by their work, they will be at a loss to reply as soon as they have run through the platitudes to be found in the advertisements of the strenuous life.
Consider the life of such a man. He has, we may suppose, a charming house, a charming wife, and charming children. He wakes up early in the morning while they are still asleep and hurries off to his office. There it is his duty to display the qualities of a great executive; he cultivates a firm jaw, a decisive manner of speech, and an air of sagacious reserve calculated to impress everybody except the office boy. He dictates letters, converses with various important persons on the 'phone, studies the market, and presently has lunch with some person with whom he is conducting or hoping to conduct a deal. The same sort of thing goes on all the afternoon. He arrives home, tired, just in time to dress for dinner. At dinner he and a number of other tired men have to pretend to enjoy the company of ladies who have no occasion to feel tired yet. How many hours it may take the poor man to escape it is impossible to foresee. At last he sleeps, and for a few hours the tension is relaxed.