バートランド・ラッセルのポータルサイト


バートランド・ラッセル関係お薦めコンテンツ(2007.02.18 現在/作業中)

★ラッセル生誕記念講演会から(録音)
  1. 笠信太郎「知恵の構造」
  2. 森恭三「ラッセルとの対談」
  3. 堀秀彦「ラッセルから教えられたもの」
  4. 谷川徹三「ラッセルとアインシュタイン」
  5. 谷川徹三「現代の聖職者としての大知識人(ラッセル、ジッド、トインビー」
  6. 由良君美「平和論をめぐる、ラッセル、ロレンス、ヒューム」
  7. 東宮隆「ラッセルの権力論」

1.ラッセルの著作
  1. (単行本) 『ラッセル自伝』 『幸福論』 『人生に関する断章』 『拝啓B.ラッセル様』 『善良な市民のABC』

  2. (哲学・論理学)    
  3. (政治)
  4. (宗教)  
  5. (社会)
  6. (戦争と平和) 
  7. (文学)「形而上学者の悪夢」
  8. (その他)  

(英語文献)
 Bertrand Russell's Best, 1958. A Freeman's Worship (1902)
・・・ →続きをみる

 

 

 


2.ラッセルに関する著作
  1. (単行書・小冊子等) 沢田允茂「バートランド・ラッセルと論理学」 吉田夏彦「バートランド・ラッセル:哲学と論理学」
  2. (雑誌特集等) 「ラッセル協会会報」他

  3. (思想全般) 「ラッセル思想紹介漫画」 市井三郎「バートランド・ラッセル−核時代のモラル」 N.チョムスキー『知識と自由(ラッセル記念講演)』序文
  4. (哲学・論理学) 石本新「ラッセルの論理学」 一柳富夫「ラッセルの認識論と現代」
  5. (政治)
  6. (宗教) 松下正寿「バートランド・ラッセルの宗教観」 松下正寿「自由を識る巨人−核実験反対運動で捕らえられた自由人ラッセル卿の真骨頂」
  7. (社会)
  8. (戦争と平和) 家永三郎「「関特演」の違法性」 江口朴郎「南阿戦争とイギリス−ラッセルの立場」
  9. (文学)小野修「ラッセルの風刺小説」
  10. (その他) ブライアン・マギー「ラッセルと知り合う」 (対話)佐伯彰一×木田元「思想の力・文学の力」

(英語文献)
  Russell's Influence in China and Japan, by Prof. Tsutomu Makino (pub. in 1972) 
・・・ →続きをみる

 ・Writings about B. Russell on the WWW