人びとを観察することを好み,個々人の特徴に喜びを見いだす to observe people and finds pleasure in their individual traits


r366-c052-2 【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】

幸福に寄与するものは,人びとを観察することを好み,個々人の特徴に喜びを見いだす種類のものであり,(また)接触するようになった人びとの興味や楽しみのための機会を与えたいと願い,その人たちに対する影響力を獲得したいとか,その人たちの情熱的な称賛を得たいとかいうことは願わない種類のものである。
The kind that makes for happiness is the kind that likes to observe people and finds pleasure in their individual traits, that wishes to afford scope for the interests and pleasures of those with whom it is brought into contact without desiring to acquire power over them or to secure their enthusiastic admiration.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.10:Is Happiness still possible?
http://russell-j.com/beginner/HA21-070.HTM#r366-c052-2
MEMBER

「人びとを観察することを好み,個々人の特徴に喜びを見いだす to observe people and finds pleasure in their individual traits」への1件のフィードバック

russellian-j にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です