義務感は人間関係においてはいやなもの A sense of duty is offensive in personal relations


r366-c053 【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】

義務感は,仕事においては有用であるが,人間関係においてはいやなものである。人は,他人に好かれることは望むが,我慢強いあきらめをもって耐えてもらうことは望まない。
A sense of duty is useful in work, but offensive in personal relations. People wish to be liked, not to be endured with patient resignation.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.10:Is Happiness still possible?
http://russell-j.com/beginner/HA21-070.HTM#r366-c053

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です