良い習慣を身につける重要性 good habits


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c121】

 子供たちは,概して,その置かれている状況に応じて,良い方向にも悪い方向にも展開可能な衝動を有している。さらに,子供たちは,新しい習憤を身につけることがいまだ容易な年頃にある。そして,よい習慣は,’徳’のほとんどを自動的なものとする(良い習慣を身に着ければ,良い行いをしようと意識的に努力しなくても,良い行いを自動的・無意識的にする(できる)ようになる。)

they(children) have, as a rule, impulses which can be developed in good or bad directions according to the situations in which they find themselves. Moreover, they are at an age at which the formation of new habits is still easy; and good habits can make a great part of virtue almost automatic.
 出典: On Education, especially in early childhood, 1926, chap. 1: Postulates of modern educational theory.
 詳細情報: http://russell-j.com/beginner/OE01-130.HTM#r366-c121

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です