正常な子供が皆持っている学びたいという自発的な願望 Chekhov’s kitten


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c120-2】

しかし,もし授けられる知識が価値のないもので,その知識を授ける人々が残酷な暴君のように見えるならば,子供たちは,当然のこと,’チェーホフの子猫’のように振舞うだろう。歩いたり話したりしようとする努力において示されているように,正常な子供が皆持っている学びたいという自発的な願望’が,教育の’推進力’とならなければならない。この推進力を’むち’に代替させたことは,現代の大きな進歩の一つである。

But if the knowledge imparted is worthless, and those who impart it appear as cruel tyrants, the child will naturally behave like Chekhov’s kitten. The spontaneous wish to learn, which every normal child possesses, as shown in its efforts to walk and talk, should be the driving-force in education. The substitution of this driving-force for the rod is one of the great advances of our time.
出典:On Education, especially in early childhood, 1926, chap. 1: Postulates of modern educational theory.
詳細情報: http://russell-j.com/beginner/OE01-120.HTM#r366-c120-2

[寸言]
チェーホフの子猫とは・・・
https://twitter.com/bot_anton/status/552679109772316672
KNOWLEDG
(From: Bertrand Russell: The Good Citizen’s Alphabet, 1953)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です