(本館)  (トップ)  (分館)

バートランド・ラッセルのポータルサイト


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 1(第1章) Index  Contents(目次)
* 右上イラスト出典:B. Russell's The Good Citizen's Alphabet, 1953.

第一部 教育の理想
 第1章 近代教育理論の前提条件(承前:OE01-130)


 このことは、ここまで行ってきた現代の傾向に関する予備的調査において、私が注目したい最後の要点に私を導く。それは、(現代においては)「幼年期」対してより多くの関心が払われるようになったということである。これは、'性格の教育(トレーニング)'に関する私たちの考え方の変化と密接に関係している。古い考え方は、'徳'は、本質的に'意志'に依存するというものであった。つまり、私たちは悪しき欲望でいっぱいであり、それを'意志'という抽象的な能力で制御していると考えられていた。悪い欲望を根絶することは明らかに不可能と考えられていた。つまり、できることは、'欲望'を制御することだけであった。この状況は、犯罪者と警察の状況に酷似していた。犯罪志願者(would-be criminals)が存在しない社会も実現可能だと考える人は、独りもいなかった。最大限できることは、有能な警察力を持ち、それによって、大部分の人が怖がって犯罪を犯さなくなり、ごく少数の例外者は捕まって罰せられるようにすることであった。現代の犯罪心理学者は、このような見解に満足しない。犯罪への衝動は、大部分の場合、適切な教育によって大きくなるのを防ぐことができる、と彼は信じている。そして、社会に当てはまることは、個人にも当てはまる。特に子供たちは、年長者や仲間から好かれたいと望む。子供たちは、概して、その置かれている状況に応じて、良い方向にも悪い方向にも展開可能な衝動を有している。さらに、子供たちは、新しい習憤を身につけることがいまだ容易な年頃にある。そして、よい習慣は、'徳'のほとんどを自動的なものとする(良い習慣を身に着ければ、良い行いをしようと意識的に努力しなくても、良い行いを自動的・無意識的にするようになる。)他方、より古いタイプの道徳は、悪い欲望を蔓延するままにしておき、ただ'意志の力'でそれが表面に現れるのを抑えるだけであり、悪い行い(非行)を抑制するごく不充分な方法しか与えない(←ごく不十分な方法を与える)ことがわかってきた。悪い欲望は、せき止められた川のように、意志の用心深い目を逃れる別の'はけ口'を見つける。若い頃、父親を殺したいと思ったことのある男は、後年、「道徳的な悪」を懲らしめているのだという思い(考え)で、自分の息子を'鞭打つ'ことに満足を覚える。'残酷な行為を正当化する理論'は、ほぼ必ずといってよいほど、意志によって自然な水路からねじまげられ、地下へ追いやられ、ついには罪に対する憎しみあるいはそれらと同等に'尊敬すべきもの'(← 注:皮肉と思われます)として、気づかないうちに現れてくる'欲望'に源をもっている。それゆえ、意志によって悪い欲望を制御することは、時には必要だとしても、'徳'を身につける技術としては不十分である。

 

 


Chap. 1 Postulates of Modern Educational Theory(OE01-130)

This brings me to the last point which I wish to notice in this preliminary survey of modern tendencies - I mean the greater attention paid to infancy. This is closely connected with the change in our ideas as to the training of character. The old idea was that virtue depends essentially upon will: we were supposed to be full of bad desires, which we controlled by an abstract faculty of volition. It was apparently regarded as impossible to root out bad desires: all we could do was to control them. The situation was exactly analogous to that of the criminal and the police. No one supposed that a society without would-be criminals was possible; the most that could be done was to have such an efficient police force that most people would be afraid to commit crimes, and the few exceptions would be caught and punished. The modern psychological criminologist is not content with this view; he believes that the impulse to crime could, in most cases, be prevented from developing by suitable education. And what applies to society applies also to the individual. Children, especially, wish to be liked by their elders and their companions; they have, as a rule, impulses which can be developed in good or bad directions according to the situations in which they find themselves. Moreover, they are at an age at which the formation of new habits is still easy; and good habits can make a great part of virtue almost automatic. On the other hand, the older type of virtue, which left bad desires rampant and merely used will-power to check their manifestations, has been found to afford a far from satisfactory method of controlling bad conduct. The bad desires, like a river which has been dammed, find some other outlet which has escaped the watchful eye of the will. The man who, in youth, would have liked to murder his father, finds satisfaction later on in flogging his own son, under the impression that he is chastising 'moral evil'. Theories which justify cruelty almost always have their source in some desire diverted by the will from its natural channel, driven underground, and at last emerging unrecognised as hatred of sin or something equally respectable. The control of bad desires by the will, therefore, though necessary on occasion, is inadequate as a technique of virtue.

(掲載日:2006.10.13 更新日:)