生命の流れの一部だと感じること to feel oneself not merely an isolated individual


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】r366-c067

この世で幸福になるためには,特に青年期が過ぎてからは,自分のことを,’まもなく一生を終える孤立した個人’として感じるだけでなく,最初の胚種から遠い未知の将来へととどまることなく流れていく生命の流れの一部だと感じることが必要である。
To be happy in this world, especially when youth is past, it is  necessary to feel oneself not merely an isolated individual whose day will soon be over, but part of the stream of life flowing on from the first germ to the remote and unknown future.
(28)The Conquest of Happiness, 1930, chap.13:The family.
http://russell-j.com/beginner/HA24-060.HTM#r366-c067
andromed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です