親子愛は最大の幸福源 Affection of parents for children and of children for parents


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】r366-c066

両親の子供に対する愛情および子供の両親に対する愛情は,幸福の最大の源の一つとなりうるが,実際は,今日においては,親子関係は90%までは(十中八九)両者にとって不幸の源になっており,99%は少なくとも一方にとって不幸の源になっている。
Affection of parents for children and of children for parents is capable of being one of the greatest sources of happiness, but in fact at the present day the relations of parents and children are, in nine cases out of ten, a source of unhappiness to both parties, and in ninety-nine cases out of a hundred a source of unhappiness to at least one of the two parties.
From:The Conquest of Happiness, 1930, chap.13:The family.
http://russell-j.com/beginner/HA24-010.HTM#r366-c066
DOKUSH21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です