あまりにも強烈な自我は牢獄 A too powerful ego is a prison


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】r366-c065
あまりにも強烈な自我は一つの牢獄であり,もしも,人生をせいっぱい享受したいのであれば,人はその牢獄から逃げ出さなければならない。本物の愛情を持ちうる能力は,この’自我の牢獄’を抜け出した人間の特徴の一つである。
A too powerful ego is a prison from which a man must escape if he is to enjoy the world to the full. A capacity for genuine affection is one of the marks of the man who has escaped from this prison of self.
From:The Conquest of Happiness, 1930, chap.12:Affection.
http://russell-j.com/beginner/HA23-080.HTM#r366-c065

kaisin
 (From Umetaro’s Comic: Bertrand Russell)
http://russell-j.com/beginner/BR-COMIC.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です