恒常的な自由の束縛 the continual restraint tends to produce weariness and boredom


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 】r366-c061-3

若いときには学校で自由を束縛され,大人になってからは,勤務時間中ずっと自由を制限される。これら全ては,熱意を保つことをますます困難にする。なぜなら,絶え間なく(感情や行動を)抑制すると,’疲労と退屈’が生じがちだからである。
In youth his liberty is restricted at school, in adult life it is restricted throughout his working hours. All this makes zest more difficult to retain, for the continual restraint tends to produce weariness and boredom.
From: The Conquest of Happiness, 1930, hap.11:Zest
http://russell-j.com/beginner/HA22-070.HTM#r366-c061-3
Liberty
(From: Bertrand Russell’s The Good Citizen’s Alphabet, 1953)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です