自発的な無用な暴力への服従 voluntary submission to an unnecessary tyranny


r366-c047-2 【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russellの言葉)】

一般的に言って、飢えを避け、刑務所に入らないようにするために必要な限りで世論を尊重すべきであるが、それを越えて世論に耳を傾けるのは、’自発的な’無用な暴力への服従であり、あらゆる形で幸福を邪魔する傾向がある。
One should as a rule respect public opinion in so far as is necessary to avoid starvation and to keep out of prison, but anything that goes beyond this is voluntary submission to an unnecessary tyranny, and is likely to interfere with happiness in all kinds of ways.
From: The Conquest of Happiness, 1930, chap.9:Fear of public opinion.
http://russell-j.com/beginner/HA19-060.HTM#r366-c047-2
DOKUSH60
             (From: New Statesman, 1961)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です