天下り官僚が失職する魔法の一撃? by some magician’s stroke


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c229】
 当面ほとんど実行されそうもないある種の改革を唱えることで現在生計を立てている知的かつ高潔な無数の男女が,万一魔法使いの一撃で彼らの唱道する種々の施策が達成された際には,一体どういう境遇になるかを考えると身震いする。失業者数は危険なまでに増えるだろう。団体の幹事(注:’常務理事’など)のモットーは,「希望を持って旅することは,目的地に到着することよりも良いことである」とすべきである。なぜなら,’到着’は破滅を意味するからである。

I shudder to think what would become of immense numbers of intelligent and high-minded men and women who at present earn their livelihood by advocating some reform which is very unlikely to be carried, if, by some magician’s stroke, all their various measures were to be achieved. The ranks of the unemployed would be swelled most dangerously. The motto of the secretary of a society should be ‘To travel hopefully is a better thing than to arrive’, for arrival spells ruin.
出典: On societies (written in June 8, 1932 and pub. in Mortals and Others, v.1, 1975.)
詳細情報: http://russell-j.com/SOCIETY.HTM#r366-c229
XENOPHOB
(Illustration from: Bertrand Russell’s The Good Citizen’s Alphabet, 1953)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です