レッテル貼りをする不幸な習性の持主 classifying everybody with some obvious label


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c228】
 隣人を愛することは我々の義務であることは疑いないことであるが,それは常に容易に実行できる義務ではなく,また一部の隣人は,この困難を多少とも軽減する努力を少しも示さないという事実を認めなければならない。隣人を不快に感ずる場合はいろいろな点であるが,私見では,我々にとって最悪なのは,あらゆる人間を分類して(仕分けして)明瞭なレッテル(ラベル)を貼ること(行為)である。この不幸な習性の持主は,自分が相手に適切だと思うタグ(札)を貼りつける時に,その相手について(タグをはりつけるに足る)完全な知識をもっていると考える。While it is undoubtedly our duty to love our neighbours, it is a duty not always easily performed, and some neighbours, it must be admitted, do nothing to make it less difficult. There are many ways in which they may be irritating, but one of the worst (to my way of thinking) is that of classifying everybody with some obvious label. People who have this unfortunate habit think that they have complete knowledge of a man or woman when they have pinned on the tag that they consider
appropriate.
出典: On labelling people (written in Aug. 10, 1932 and pub. in Mortals and Others, v.1, 1975.]
詳細情報: http://russell-j.com/LABEL.HTM#r366-c228
BOLSHEVKBolshevik – Anyone whose opinions I disagree with. 【私が嫌いな奴はみな共産主義者だ!(というレッテルを貼るような人)】
(Illustration from: Bertrand Russell’s The Good Citizen’s Alphabet, 1953)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です