Portal Site for Russellian in Japan


人間にレッテルを貼ることについて(松下彰良・訳)
(1932年8月10日執筆)
On labelling people

* 改訳及びHTML修正をしました。(2011.11.22)
 (2003.11.03,松下)

の画像
拡大する!(enlarge)
 隣人を愛することは我々の義務であることは疑いないことであるが,それは常に容易に実行できる義務ではなく,また一部の隣人は,この困難を多少とも軽減する努力を少しも示さないという事実を認めなければならない。隣人を不快に感ずる場合はいろいろな点であるが,私見では,我々にとって最悪なのは,あらゆる人間を分類して(仕分けして)明瞭なレッテル(ラベル)を貼ること(行為)である。この不幸な習性の持主は,自分が相手に適切だと思うタグ(札)を貼りつける時に,その相手(の男性や女性)について(タグをはりつけるに足る)完全な知識をもっていると考える。 (上写真:ラッセルに貼られたレッテルの1つ「平和運動家」)私は,これは女性に多い悪徳だと思うが,特に多数の人を(客として)もてなす女性(婦人)にこの傾向がある。(客をもてなす)ホステスのこつ(要領)は,多くの女性がその役割に失敗することを見ても,難しいものであるに違いない。そのホステス役の女性は言う。「ああ,○○さん,あなたは芸術を愛していらっしゃるから△△嬢とお会いになればきっと楽しいと思いますよ。彼女はこんなすばらしい絵を書く方ですから」。しかし○○さんが最も洗練された鋭い審美眼(鑑賞力)を持つ高名な美術評論家であり,これに反して△△嬢が単純で感傷的な水彩画家だと,仮定してみよう。この場合,両者の会話が相互の憎悪のむきだしの表現になるのを防ぐものは,文明化されたタブー(自制心)のみである。相手には「音楽好き」の,もう1人の相手には「文学好き」の,そしてもう1人には「犬好き」のレッテルが貼られ,その結果同じレッテルを貼られた人は,同類の人に会って楽しい会話を交すという期待が持たれるわけだ。
 しかしこの種の分類をする側分類される側の感情の間には,根本的反目(対立)がある。自分が特定の1つの形容詞で要約された人は,人は誰でも自分の人格を非常に単純だときめつけられれば思わず憤慨してしまう。(たとえば)感情をおおげさに表すホステス役の女性が私に向い,「ああ,ラッセルさん,あなたは大変本がお好きですね」と言えば,私はジョンソン博士のやり方を見習い,「いえ奥さん,もっとお金がもうかる時間の充足方法を利用できるのであれば,私は本なんか読みませんよ」と応えたい。我々は,自分自身については安易に分類されえない人間だと思っている。一部の哲学者,たとえばベルグソンは,人間のこの感情に訴えかけて,人間個々人における興味深い要素全ては'言葉による分析'を受付けないものであるという見解を支持する'理論的理由'を唱道した。この種の哲学者は大変人気がある。
 一般の人々は'人類'(人間)を讃め称える著者の作品を読むと,その称賛に値するものは自分にも当てはまると考え,従って満足する。もしも自分のことだけを考えず,この'人類'(人間)にはブラウン氏やジョーンズ夫人やその他の退屈な隣人も含まれていることに気がつくと,彼らは'人類'(人間)に関する自分の見解を修正するか,自分の知人を改めて見直さねばならないか,のいずれかを強いられる。この種の分類行為こそは,われわれが今問題にしているものである。(特定の)人間を「ロマンティック」だとか,「現代的」だとか,「科学的」だというように,1つの形容語句で十分記述できると想定することは,不遜な行為である。自分自身は神秘的かつ計り知れない深さを持つが自分以外の人は皆簡単に理解されうるなどという可能性は,統計学上ほとんどありえないことであるにもかかわらず,たいていの人々が身につけている'自己の優越性'の信念の一部である。自己の優越性'の信念は,他者に対するあらゆる侮辱的見解同様,世界を実際あるがままの姿よりもずっと興味をひかないと思われるものにしてしまう。他人を理解することは容易でない。また,人間理解の困難さを理解しない人間によっては決してそれは達成されない。しかし歴史研究や友情や愛情において最も価値のあるものは,自分とは異なる他の人格(個性)の理解へとしだいに接近することである。このことは,他人をカテゴリー別に分類する作業によっても,また多くの人が信じている直観力によっても,達成は不可能である。両者の結合は必須であり,単独では不十分である。何よりも必要なのは,根拠のない侮蔑から発する確信過剰(cocksureness)を放棄することである。
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]

While it is undoubtedly our duty to love our neighbours, it is a duty not always easily performed, and some neighbours, it must be admitted, do nothing to make it less difficult. There are many ways in which they may be irritating, but one of the worst (to my way of thinking) is that of classifying everybody with some obvious label. People who have this unfortunate habit think that they have complete knowledge of a man or woman when they have pinned on the tag that they consider appropriate. This is, I think, a predominantly feminine vice and belongs more particularly to women who entertain a great deal. The art of being a hostess must be a difficult one, seeing how many women fail at it. 'Oh Mr So-&-So,' says the hostess, 'you are so artistic, I am sure you will enjoy meeting Miss Such-&-Such, who paints such charming pictures.' Mr So-&-So is (we will suppose) a celebrated art critic of the most refined and exquisite taste, while Miss Such-&-Such paints simple sentimental water colours. Only the force of civilised taboos prevents their conversation from becoming a snarling expression of their mutual hatred. Another person is labelled 'musical', another 'literary', another 'fond of dogs', and so on, and each is expected to be delighted to meet anybody else with the same label.
There is, however, a fundamental opposition between the emotions of the person classified and those of the person who does the classifying. When one finds oneself summed up in an adjective, one automatically resents the idea that one's personality has so little complexity. When the gushing hostess says to me 'Oh Mr Russell, I know you are so fond of books,' I wish I could reply, with the manner of Dr Johnson, 'Madam. I never read a book when some less unprofitable manner of disposing of my time is available.' We all feel ourselves above classification. Some philosophers - Bergson, for example - have appealed to this feeling and have advanced theoretical reasons for the view that what is interesting in each of us is something that eludes verbal analysis. Philosophers who do this are very popular.
When people read the works of writers who exalt Man, they apply what is said to themselves and are accordingly pleased. If, instead, of thinking only of themselves, they were to remember that 'Man' includes Mr Brown and Mrs Jones and all the other tiresome neighbours, they would find themselves compelled either to change their view of Man, or to become more respectful in their thoughts about their acquaintances. This matter of classifying is a case in point. To suppose that a person can be adequately described by an epithet, such as 'romantic' or 'modern-minded' or 'scientific', is to suppose something disrespectful. The idea that, although oneself is full of mysterious and impenetrable depths, other people are quite easy to understand, is part of the belief in one's own superiority which most people carry about with them in spite of its statistical improbability. Like all contemptuous opinions, it makes the world seem less interesting than it really is. To understand another human being is not easy and is never achieved by those who do not know that it is difficult. But what is of most value in the study of history, in friendship, and in love is the gradual and tentative approximation to the understanding of personalities unlike one's own. This is not to be achieved by putting people in categories, nor yet by the faculty of intuition in which many people put their trust. A combination of the two is necessary but is not alone sufficient. What is most necessary of all is to avoid the cocksureness that springs from an unfounded contempt.

★10月(前月)の言葉★格言集へ