現実直視より相互殺戮の方が怖くない mutual extermination


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c221】

戦争を回避するための(組織的な)方法を発見することは,我々の文明にとって必須である。しかし,人びとが不幸なあまりに,日中(の光)のまぶしさを耐え続けるよりも(現実を直視し耐え続けるより),’相互殺戮’のほうが恐ろしくないと思われるうちは,戦争を回避するための(組織的な)方法を発見する機会はない。

To discover a system for the avoidance of war is a vital need for our civilisation; but no such system has a chance while men are so unhappy that mutual extermination seems to them less dreadful than continued endurance of the light of day.
出典:The Conquest of Happiness, 1930, chap.1:What makes people unhappy?
詳細情報: http://russell-j.com/beginner/HA11-020.HTM#r366-c221
DOKUSH25
(Illustration from: Bertrand Russell’s The Good Citizen’s Alphabet, 1953)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です