大衆ヒステリアとジャーナリスト Mass hysteria


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c220】

大衆ヒステリアは,人間だけに限られていない現象である。それはいかなる群居性の種族にも見られるであろう。わたくしはかつて中央アフリカの野生の象の大群が,はじめて飛行機を見て,みな激しい集団的恐慌の状態におちいっている写真をみたことがある。象はたいがいの場合,落ち着いた賢い動物である。しかしこの前古未曽有の,騒々しい未知の空の動物という現象は,群れ全体を完全にあわてさせたのである。すべての象はそれぞれ,みな恐怖にとらえられた。そして一匹一匹の恐怖は他の象に伝わり,ひどく増大した恐慌を引き
起こした。しかしながら,彼らのなかにはジャーナリストはいなかったので,その恐怖は飛行機が見えなくなったとき消滅した。

Mass hysteria is a phenomenon not confined to human beings; it may be seen in any gregarious species. I once saw a photograph of a large herd of wild elephants in Central Africa Seeing an airplane for the first time, and all in a state of wild collective terror. The elephant, at most times, is calm and sagacious beast, but this unprecedented phenomenon of a noisy, unknown animal in the sky, had thrown the whole herd completely off its balance. Each separate animal was terrifies, and its terror communicated itself to the others, creating a vast multiplication of panic. As, however, there were no journalists among them, the terror died down when the airplane was out of sight.
出典: To Face Danger without Hysteria .p7.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/KAMI-43.HTM#r366-c220
OBJECTIV
(Illustration from: Bertrand Russell’s The Good Citizen’S Alphabet, 1953)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です