監獄ライター? to write books in prison


【 バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の言葉 r366-c196】

 (第一次世界大戦時)アーサー・バルフォア(Arthur Balfour,1848-1930:英国保守党の政治家。1902年に首相となった。)の介入のおかげで私は刑務所の第一部門に位置づけられ,そのために,刑務所内では平和主義者としての宣伝を行なわないという条件で,好きなだけ自由に読んだり書いたりすることを許された。刑務所は多くの面で非常に快適であることがわかった。用事は何もなく,決定をしなければならない難しい問題もなく,来客の心配もなく,また,仕事をじゃまされることもなかった。私は大量の本を読んだ。また,『数学の原理』(注:Principia Mathematica ではなく,The Principles of Mathematics であることに注意)の半ば一般向きの本である『数理哲学入門』)を書き上げ,また,『精神の分析』(The Analysis of Mind)の執筆にとりかかった。

By the intervention of Arthur Balfour, I was placed in the first division, so that while in prison I was able to read and write as much as I liked, provided I did no pacifist propaganda. I found prison in many ways quite agreeable. I had no engagements, no difficult decisions to make, no fear of callers, no interruptions to my work. I read enormously; I wrote a book, Introduction to Mathematical Philosophy, a semi-popular version of The Principles of Mathematics, and began the work for Analysis of Mind.
 出典: The Autobiography of Bertrand Russell, v.2 chap. 1: The First War, 1968]
 詳細情報: http://russell-j.com/beginner/AB21-270.HTM#r366-c196

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です